シェア

「ハリー・ポッター」新作をAIに書かせた結果→予想外の面白さに9万いいね!

Twitter/@botnikstudios

Twitter/@botnikstudios

全7巻で一応の物語が完結している『ハリー・ポッター』シリーズ。でも、もしまた新作が出たら読みたくなる作品ですよね。

AIにこれまでの『ハリー・ポッター』の作品を学習させ、次にどんな単語を使うかを推測する「予測キーボード」を使って“新章”を執筆するという試みが行われました。

英単語を入力すると、次に入力される単語の候補が表示されます。候補に上がっている言葉は『ハリー・ポッター』シリーズで使われている単語です。

そうして出来上がったのがこちらの作品です。ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人がデスイーターのいる城に向かっていくというストーリーが出来上がりました。

Twitter/@botnikstudios

Twitter/@botnikstudios

Twitter/@botnikstudios

Twitter/@botnikstudios

Twitter/@botnikstudios

Twitter/@botnikstudios

AIが書いた作品とはいえ、ファンにとっては“待望の新作”とも言えるもの。SNS上では9万6000件以上のいいね!を獲得しました。

 

「この本が欲しい」「クリスマスに欲しかった」「グリフィンドールに10点!」といった返信が殺到しました。また、キャラクターが違った一面を見せているところを好ましく考える人も。

この話で好きな所はロンがロンのシャツを着て魔法を使うところ。オリジナルのロンには退屈だったけど、このロンはスピンオフに値する。

ファンが面白がるほどの作品をAIが書けてしまったという事実にただただ驚かされるばかりですが、原作者のJ.K.ローリングさんは今のところ特に言及はしていません。

もちろん今後の続編や新作の可能性は示唆していませんが、やはり原作者自身が執筆して欲しいような気もします。

 

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 遠藤まゆみ

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング