シェア

末期がんと闘う19歳の青年「最期の願い」として高校時代の恋人と結婚式を挙げる

123RF

123RF

2018年1月28日、19歳の若いカップルが結婚式を挙げました。フロリダ州に住む新郎のDustin Snyderさんと新婦のSierra Siverioさんは中学・高校の同級生で高校3年間の間に交際を続けていました。

現在、Dustinさんは末期がんを患っており、医師からは余命わずかと宣告されているためホスピスで過ごしています。彼が「最期の願い」としたのがSierraさんとの結婚式でした。

18歳でがんが見つかる

Dustinさんの18歳の誕生日前に悲劇が襲いました。上半身に激しい痛みが走り、病院で非常に稀ながんである「滑膜肉腫」であることがわかりました。その後、胃や骨盤に転移したがんを除去する手術も行い、現在は心臓へ痛み止めを送るポンプを身体に取り付けています。

そんなDustinさんの願いは、恋人のSierraさんと結婚式を挙げることでした。

「彼女は残りの人生を一緒に過ごしたい女性です」(Dustinさん)

そうしてDustinさんがSierraさんにプロポーズすると、Sierraさんはすぐに「イエス」と返事をしました。

結婚式を1月28日に行うことにしたのは医師から「余命は数週間」と宣告されているためで、ホスピスチームからは鎮痛剤を増やす必要があるという容態にあるためでした。

不安もありましたが無事2人は家族や友人に祝福され、1月28日に挙式することができました。Dustinさんの姉のHailsさんのフェイスブックには、笑顔の2人の写真が投稿されています。

姉がクラウドファンディングで結婚資金を募集

Dustinさんの姉、Brittany Hailsさんは1月23日に海外のクラウドファンディングサイト“Go fund me”でDustinさんとSierraさんの結婚式のサポート資金を募るページを作成しました。

すると、目標4万ドルのところ4万850ドルの寄付金が集まりました。この資金でウエディングドレスや花嫁介添人の衣装のほか、新しい治療法を試すための資金にすると報告されています。

資金募集ページには「彼の回復のために祈りたい」「神様からの祝福がありますように」と、Dustinさんの回復と結婚を祝うコメントであふれています。

Hailsさんは海外メディアに

「地域社会の愛と支援に圧倒されました。とても感謝しています」

とコメントしました。

Dustinさんの母親Fondahnさんは結婚式についてこのように話しています。

「母として、彼の最後の日々が幸せであって欲しいと願っているだけで、何かを劇的に変えるとは思っていません。ただ2人が幸せであればいい、それだけです」

お二人が末永く幸せであるようお祈りしています。

Posted: |Updated:

Text by 遠藤まゆみ

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング