シェア

なぜ料理本の表紙は「女性を手伝う男性」ばかり?海外SNSで大喜利が始まる

Twitter/@mikerugnetta

Twitter/@mikerugnetta

海外で発売された、とある料理本の表紙写真についてツイッター上で意見が分かれました。

ニューヨーク市ブルックリン在住のアーティスト、Mike Rugnettaさん(@mikerugnetta)がアマゾンでインスタントポット(全自動圧力調理器)を買うために検索していると、同時にインスタントポットを使ったレシピ本も表示されました。

このレシピ本にRugnettaさんは違和感を持ちました。女性が男性の助けを借りながら料理しているという表紙がとても多いのです。

確かに、女性が料理しているところを側で男性がサポートしているようなシチュエーションばかり。

男性が包丁で野菜を切る女性の手を支えています。Rugnettaさんには、まるで女性が男性の助けを借りずに働くことができないとしているかのように思えたのです。

この思いをツイッターに投稿したところ、様々な意見が持ち上がりました。と言っても内容は面白いものばかりで、さながら大喜利のようです。

ジェンダー論に発展するのかと思いきや、Rugenettaさんへ送られたリプライはユニークなものが多くありました。

a)愛し合ってるからいつでも何でも一緒じゃなきゃいけない(と思っている)

b)ピーマンを切る方法を教える必要があったから

c)ピーマンを切る最も面倒くさい方法を教えている

d)本を買いたくなるようにしている

彼女の手を握ってないと刺されるからでは。

男性が彼女を押さえつけていなかったらナイフが反動で地面から跳ね返るからなんですよ。

このほか「ストックフォト(商用利用のための有償写真)がみんな同じような画像だからでは」「きゅうりを切ってサンドイッチの準備をしているように見える表紙があるんだけど、どこでインスタントポットを使うんでしょう」といったツッコミもありました。

そしてついに、表紙の画像を作り変えてしまった人も。

「写真を変えれば前よりとても良くなる」

女性の立場をネガティブに捉えたものに対して非常に敏感な彼らだからこそ、疑問とユーモアにあふれた論争が起きたのかと思われます。

日本人がこの表紙を見たら、どのように感じる人が多いのでしょうか。

Posted: |Updated:

Text by 遠藤まゆみ

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング