シェア

ロボットも負けられない?韓国で「ロボットスキー選手権」が開催

Twitter/@dami_lee

Twitter/@dami_lee

連日、世界中から集った選手たちが熱戦を繰り広げている韓国・平昌冬季オリンピック。

一方、五輪会場とは別のスキー場で2月12日、スキーロボットが腕を競い合う「スキーロボットチャレンジ」大会が開かれました。

会場は、平昌から車で1時間ほどのところにある横城郡(フェンソン)のウェリヒリパークリゾートで、 韓国内の大学、研究所、民間企業から参加した8チームのロボットが集まりました。

ロボットの設計規定は高さが50センチ以上、肘と膝に人間の関節にあたるものがあり、独立した動力システムを持っていることが条件。80メートルのコース内を、旗を避けながら滑走タイムを競います。

優勝賞金は1万ドルです。

ロボット選手も強風に悩まされる

しかし、記録的な寒さはロボットにも堪えるようで、多くのロボット選手が転倒しました。初めてスキーで滑る子どものように心もとない様子で滑り出したり、順調だったはずがゴールで転倒して止まるロボットも。

主催者のキム・ドンクさんは、ちょうど平昌冬季オリンピックの時期にロボットのスキーレースを開催したことについて、「ロボットはオリンピックには出場できないので、同じ時期にレースを行うことにしました。このレースで、韓国のロボット技術をお披露目することができました」と語っています。

人間と一緒にロボットたちもウインタースポーツを楽しむ未来は、そう先のことではないかもしれません。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング