シェア

玄関マットが何度も盗まれる!防犯カメラが映したまさかの「犯人」とは

Twitter/@St_Hill

Twitter/@St_Hill

南インド・チェンナイのSenthil Nathanさんは玄関の入り口付近に置いているものが盗まれてしまうことに困っていました。

盗まれてしまうのはドアマットやモップといった生活用品ばかり。新しいものを買って置いておくと、また同じように盗まれてしまいました。Nathanさんはどうしてこんなものばかりなくなっていくのか奇妙に思い、ついに防犯カメラを取り付けたのです。

ポーチのところに来て寝る猫がいることは知っていましたが、どうやら猫の仕業ではないようでした。

Nathanさんはこの経緯を友人に伝え、その内容をツイッターに投稿すると、注目したTwitterユーザーによって1900件以上のいいね!がつけられました。

玄関マットを買ってはまた盗まれ続け、いったいどんな泥棒が盗みに来ているのか。そうしてカメラに写っていた犯人は、近所で遊んでいた野良犬のうちの1匹だったのです。

映像を見たNathanさんは妻と2人で笑ってしまったそうです。そしてTwitterでは

犬がマットを道まで持っていって使って寝ているのだろうと思った

と投稿しました。

この投稿を見たネットユーザーの人たちも、野良犬がしたことに対してさまざまな感想を投稿しました。

●彼は自分の“トロフィー”をどこかに隠しているんだろうな……。

●うちの猫も、家に来た時にうちで買ったわけではないおもちゃを持ってたな…マットを持っていったのは隣人たちへの親切のつもりだったのかもしれない。

恐らくは寒さを凌ぐため、ベッド代わりにと持ち出してしまったのでしょう。「犯人」がわかった後、Nathanさんはその犬を街で見かけ、元気そうにしていたことがわかったそうです。

Nathanさんはこのように話しています。

「盗んだドアマットがどこかで売られているわけではなく、再利用されているようで嬉しく思いました。私たちはドアマットを束で買って犬に持っていってもらおうと思います。門から引っ張り出さないで済むように。」

野良犬のすることだから、と許してあげたNathanさん。ユーモアのある優しい対応が素敵ですね。

Posted: |Updated:

Text by 遠藤まゆみ

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング