シェア

夜も勉強ができるように!ケニアの電気が通っていない地域に太陽光発電システムを贈るプロジェクトが始まる

出典元:ワールド・ビジョン・ジャパンプレスリリース

出典元:ワールド・ビジョン・ジャパンプレスリリース

国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)とパナソニック株式会社は1月29日、共同でケニアでの「無電化地域ソリューションプロジェクト」を開始した。2020年9月30日まで行う予定。

ケニアの村に太陽光発電などを寄贈

プロジェクトは、ケニア・ナロク県エンクトト地区を対象に、パナソニックの太陽光発電と蓄電池を組み合わせたシステムや、ソーラーストレージ、ソーラーランタン等の寄贈を行うもの。

今回は地元の小学校や診療所、人々が集まる教会、就学児童がいる150世帯などに照明設備などを贈る。

電気を活用しての収入源をつくる活動や夜間の識字教育により、人々の生活改善とコミュニティの自立に貢献することを目的としている。

学校に寄贈されたシステムの記念プレートの除幕をする福田氏(中央左)とWVJ事務局長 木内(中央右)(出典元:特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパンプレスリリース)

除幕式 出典元:ワールド・ビジョン・ジャパンプレスリリース

エンクトト地区で開催された寄贈式では、電気が使えるようになり喜ぶ子どもたちの様子が見られたという。

電気が地区にやってくるということは、ただ単に「夜道が明るくなる」ということだけを意味しているわけではない。

WVJは、夜間でも灯りがあれば文字を学ぶことができ、電気があれば農業、養鶏等の経済向上にも期待できることから、住民たちの「暮らしのアップデート」が可能としている。

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング