シェア

昭和の人気家電を忠実再現!スマホ連動するミニチュア家電「ザ・昭和シリーズ」が発売

出典元:株式会社タカラトミーアーツプレスリリース

出典元:株式会社タカラトミーアーツプレスリリース

株式会社タカラトミーアーツ(東京都葛飾区)は、昭和時代の人気家電を、現代のコンテンツを楽しむためにアレンジした、ミニチュア家電ガジェットシリーズ「ザ・昭和シリーズ」を立ち上げた。

第1弾として、2月28日(木)に昭和スマアトテレビジョン、昭和レコードスピーカー、昭和ミニラジカセの3商品を全国の雑貨店、量販店、インターネット通販で発売する。

昭和スマアトテレビジョン

出典元:株式会社タカラトミーアーツプレスリリース

出典元:株式会社タカラトミーアーツプレスリリース

手持ちのスマートフォンに専用アプリをダウンロードし、アプリ上で動画を5つまで登録。

本体の背面カバーを外してスマートフォンをセットし、画面サイズを設定すると、「しばらくお待ちください」という画面のあと、昭和風のレトロな画質で動画が再生されるミニチュアテレビだ。

登録した別の動画に切り替えたいときは、本体右側の「黄金ダイヤル」を回す。

動画の再生モードは「白黒」、「カラー(古・1960年代風)」、「カラー(新・1980年代風)」、「地デジ」の4種類から選択可能。

「地デジ」以外を選ぶと、再生中に画面が乱れ砂嵐が現れる懐かしの現象が体験できる可能性がある。

その際は、昭和時代に多くの人が体験したであろう作法“テレビの天面を手でコツコツ叩くこと”で収まるようになっている。

希望小売価格は3980円(税抜)。

昭和レコードスピーカー

出典元:株式会社タカラトミーアーツプレスリリース

出典元:株式会社タカラトミーアーツプレスリリース

スマートフォンやパソコンなどBluetooth接続可能な音楽再生機器を本体とペアリングしたうえで、付属のミニチュアレコード盤をセットし、アームをレコード盤に落とすことで、レコード盤が回転して音楽が流れるようになっている。

本体には、ミニチュアのシングルレコード盤とソノシートが1枚ずつ付いており、本体パッケージに印刷されているジャケットを切り取って使うほか、ホームページで公開されているオリジナルジャケット制作用のテンプレートをダウンロードして使用することも可能。

また、スマートフォンに専用アプリをダウンロードすると、本体の「回転数切り替えスイッチ」をスライドさせることにより、45回転風と33回転風の2種類のスピードで音楽が再生される。

レコード盤に触れるとスクラッチ音がするなど、古き良き時代の音楽体験を再現するための工夫が多く施されている。

希望小売価格は4980円(税抜)。

昭和ミニラジカセ

出典元:株式会社タカラトミーアーツプレスリリース

出典元:株式会社タカラトミーアーツプレスリリース

ラジオが聴けるうえに、本体に小さなカセットテープを入れて録音ができるという、手のひらサイズのラジカセ。

カセットテープを裏返すことで、A面・B面それぞれ最大5分間まで録音可能だ。

ラジカセならではの「早送り」「巻き戻し」ボタンも付いており、ボタンを押すと“キュルキュル”とした独特の音も鳴る。

希望小売価格は5480円(税抜)。

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング