シェア

JR東日本、人の移動を分析してマーケティングにつなげる「移動者DMP」を開発中

出典元:株式会社ジェイアール東日本企画プレスリリース

出典元:株式会社ジェイアール東日本企画プレスリリース

株式会社ジェイアール東日本企画(東京都渋谷区)は、「人々がどう移動し、どういった行動をとっているか」ということを把握し、最適なマーケティングに繋げるためのデータソリューションjeki「移動者DMP」の開発を進めている。

jeki「移動者DMP」とは

出典元:株式会社ジェイアール東日本企画プレスリリース

出典元:株式会社ジェイアール東日本企画プレスリリース

「人が最も購買意欲に駆られるのは移動中」という事実から、通勤や通学などの移動中における行動を分析し、最適な販売促進につなげるというのがjeki「移動者DMP」の目的だ。

WEBサイトやアプリにどこでアクセスしたかというデータや、駅などから取得するロケーションデータなどを元に、人がどう移動し、どう行動しているかを分析する。

結果をもとにしたプロモーション方法で、「いつもと違う道を通って、いつもは買わないものを買う」というような行動へと促すことが実現できるようになるという。

jeki観光型「移動者DMP」の概要

出典元:株式会社ジェイアール東日本企画プレスリリース

出典元:株式会社ジェイアール東日本企画プレスリリース

jeki「移動者DMP」のうち、国内の地域観光に特化したものを、jeki観光型「移動者DMP」という。

通勤や通学などの移動者を対象とするのではなく、特定地域の観光客が対象だ。

観光地をどのように巡り、どこに宿泊し、どこで何を買っているのか。このような行動を「見える化」することで、観光地の活性化へとつなげることを目的とする。

第1弾として、駅などを起点に観光客の移動と行動を見える化する、jeki観光型「移動者DMP」をリリース。2019年中に静岡・伊豆エリアで、JR東日本横浜支社と共同で実証実験を行う予定。

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング