シェア

ANA国内線の機内食に「とうふ屋うかい」監修の特別メニュー提供が始まる

出典元:株式会社うかいプレスリリース

出典元:株式会社うかいプレスリリース

全日本空輸株式会社(ANA、東京都港区)は、とうふ料理店「とうふ屋うかい」(東京都八王子市)と連携し、3月1日から監修のスペシャルメニューを国内線プレミアムクラスで提供する。

2019年5月31日(金)までの期間限定メニューとなる。

出典元:株式会社うかいプレスリリース

出典元:株式会社うかいプレスリリース

スペシャルメニュー概要

メニューには春の食材を惜しみなく盛り込み、空の旅を通じて新しい季節の足音を感じることができる。

国内線プレミアムクラスの夕食時間帯(17時以降の出発便)に、伊丹、新千歳、福岡、沖縄(那覇)発便の路線で食べられる。

とうふ屋うかいをはじめ「うかい」の和食事業部で統括料理長を務める菊地 剛氏が監修を手掛けた。

うかいは2016年から、ANA機内食の監修を行うチーム「THE CONNOISSEURS(ザ・コノシュアーズ)」 のメンバー。

チームは著名シェフやANAのシェフなどで構成されており、菊地氏を含めて2018年12月現在の18人メンバーがいる。

とうふ屋うかい

とうふ屋うかいは「のれんをくぐれば、そこは江戸」をコンセプトに掲げ、「とうふ屋うかい 大和田店」「とうふ屋うかい 鷺沼店」「東京 芝 とうふ屋うかい」の3店舗を構える。

こだわりの自家製とうふや、江戸情緒を感じることのできる雰囲気、日本庭園が自慢のとうふ料理店だ。

出典元:株式会社うかいプレスリリース

出典元:株式会社うかいプレスリリース

 

 

上質なこだわりを味わえる新たな機内食のスタイルは、従来の機内食のイメージを覆し、乗客の空の旅をより鮮やかに彩ることだろう。

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング