シェア

滝が燃えているようだ!ヨセミテ国立公園「炎の滝」が人々を魅了

the_lost_coast/Instagram

the_lost_coast/Instagram

2月は、米カリフォルニア州中央部にあるヨセミテ国立公園で、毎年魔法のような現象が現れることで有名だ。

ホーステール滝に見られる自然現象

エル・キャピタンという一枚岩の東端にあるホーステール滝。この滝は、冬季から初春にかけてのみ、水が流れる。

このホーステール滝に、2月になるとほんの数日間”firefall”(炎の滝)と呼ばれる自然現象が見られる。

この現象は、本当に滝が燃えているのではなく、いくつもの偶然が重なることにより、絶壁から溶岩が噴き出ているかのような視覚的錯覚を生む。

では、この炎の滝を生むための「いくつかの偶然」とは何だろうか。

まず、流れるほど豊富に積もった雪。そして、青い空。

わずかな霧さえも、この驚異的な現象を台無しにしてしまうという。

条件が揃えば、あとは沈みゆく夕日の光がホーステール滝に降り注ぐのを待つのみだ。

滝から流れ落ちる雪と夕日の光が融合し、本当に燃えているように見える。

View this post on Instagram

Felipeさん(@the_lost_coast)がシェアした投稿

2019年の炎の滝

2019年も、炎の滝は私たちに姿を見せてくれた。

現象は10分ほどで消えてしまうが、その瞬間を一目見ようと、今年も何百人という観光客がホールテール滝を訪れたという。

 

View this post on Instagram

Dan Dunn さん(@dtm_photo)がシェアした投稿

View this post on Instagram

& , さん(@josephjurado)がシェアした投稿

View this post on Instagram

Mark Bouldoukianさん(@markian.b)がシェアした投稿

View this post on Instagram

Hung Tranさん(@htran10395)がシェアした投稿

Instagramに投稿された写真はどれも美しく、まるで映画のワンシーンのようだ。

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング