シェア

定額で全国に住み放題の住居サービス「ハフ」の拠点が拡大、東京、大阪、京都、広島など18カ所を追加

出典元:株式会社KabuK Styleプレスリリース

出典元:株式会社KabuK Styleプレスリリース

株式会社KabuK Styleは「定額で世界中に住み放題」をテーマとして、世界中を旅するように働く人々のための「サブスク型住居サービス:HafH(ハフ)」の開始を2019年4月に控えている。

このほど、利用可能拠点が計23拠点となり、利用可能ベッド数は最大350台を超えたと発表した。

2019年3月には、海外を含めた新たな利用可能拠点を発表する予定だという。

サブスク型住居サービスとは

HafHの会員になると、敷金・礼金、保証金、契約金などが一切かからずに、毎月定額で1カ月間から利用可能拠点に住むことができる。

光熱費、wi-fi、家具も全て含まれており、一般的な住まいと水準は変わらない。

異なるのは、利用可能拠点であればどこでも引越しがし放題ということだ。

「デュアラー(都会と地方の二拠点居住)」「多拠点居住」を希望する人々が利用することも可能で、1つの場所に住むことにとらわれないという近年のワークスタイルにもマッチするだろうと、期待が高まっている。

実家を離れて暮らす学生や留学生、日本に長期滞在したいという外国人観光客、そして都市部の仕事を地方のサテライトオフィス等で行う、所謂「ふるさとテレワーク」を取り入れている人々にも広く活用してもらいたいと、様々なメニューが用意されている。

2018年11月にクラウドサービスにてサービスが発表されて以来、4000人以上の支援と1,000万円を超える支援額を獲得。

2019年4月からの提供開始を控え、現在利用可能拠点の増設に力を入れており、12月末までに拠点を50カ所以上に広げることを目標としている。

会員登録は3月から開始している。

出典元:株式会社KabuK Styleプレスリリース

出典元:株式会社KabuK Styleプレスリリース

どんどん増える登録拠点

2019年1月にオープンした第1号店は、長崎の「HafH Nagasaki SAI」。

こだわりのコーヒー、共同ワーキングスペース、そして贅沢な公共スペースが
設けられており、全く新しいスタイルのゲストハウスとなっている。

その他、これまでに発表された利用可能拠点は、2019年2月現在で、福岡、大阪(2拠点)、京都の計4 箇所だ。

今回発表された、新たに追加登録された拠点は18カ所にものぼる。

それぞれの拠点は、HafHのスタッフが全て訪問し、サービスや運営者の考えなどを確認し、自信を持って勧められる拠点だという。

出典元:株式会社KabuK Styleプレスリリース

出典元:株式会社KabuK Styleプレスリリース

新たな18拠点は北海道から熊本まで、本州各地に点在しているため、地方をいくつ周りたいという人には絶好の機会とも言える。

施設一覧はHafHのウェブサイトから閲覧が可能。

新たな住居サービスの展開により、「居住地の固定」が当たり前ではなくなり、働き方の多様化にも拍車が掛かるのではないだろうか。

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング