シェア

ジェットスター・ジャパンが客室乗務員の仕事を撮った独自ドキュメンタリーを公開

出典元:ジェットスターグループプレスリリース

出典元:ジェットスターグループプレスリリース

ジェットスター・ジャパン株式会社(千葉県成田市)は、乗客の安全を守るという使命を持つスタッフにフォーカスした 『ジェットスター プロフェッショナルズ』というドキュメンタリームービーを、自社のウェブサイトで公開している。

同社は、「日本の空、世界の空を、もっと身近に。」をビジョンとして掲げ、現在、国内線・国際線で計30路線を運航しているLCC航空会社だ。

『ジェットスター プロフェッショナルズ』では、第1弾の「整備士」編、第2弾の「パイロット」編に続き、2月28日に第3弾となる「キャビンクルー」編を公開した。

自社トレーニングセンターで訓練を積むクルー

国内LCCで唯一、自社トレーニングセンターを有する同社。

ここでキャビンクルーたちは、緊急時に乗客の命を守るための厳しい訓練を積み、保安要員として何事にも対処できるように日々努めている。

「One team」という合言葉。キャビンクルー間の風通しの良さ。

こういったチームワークも、空の安全に欠かせない要素のひとつだ。

出典元:ジェットスタープロフェッショナルズVol.3「キャビンクルー」編

出典元:ジェットスタープロフェッショナルズVol.3「キャビンクルー」編

自らがエンターテイナー

同社のキャビンクルーは、サービス要員としても娯楽用テレビが設置されてないLCCだからこそ、自らがエンターテイナーとして乗客となるべく接点を持ち、空の旅の思い出作りに力添えができるようにと意識を高く持っているという。

多種多様なキャリア経験を持つスタッフが集まっているからこそ、自分たちらしいサービスを生み出すことができると胸を張る。

出典元:ジェットスタープロフェッショナルズVol.3「キャビンクルー」編

出典元:ジェットスタープロフェッショナルズVol.3「キャビンクルー」編

実在のクルーが登場

乗客の旅をより素晴らしいものにするため日々最前線で働くキャビンクルーに焦点を当てたドキュメンタリー「キャビンクルー」編には、実際に同社のキャビンクルーとして勤務している実在の人物たちが登場している。

入社2年目のフレッシュなキャビンクルーから、ベテランのカスタマーサービスマネージャーまで、多様な背景を持つスタッフたちが登場し、彼らが日々どのように業務にあたっているかを垣間見ることができる。

「リアル」に密着したドキュメンタリーは、観ているほうも元気が湧いてくる。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング