シェア

東京・下北沢駅にかわいい案内ロボが着任へ!3月16日から改札口新設にあわせ

出典元:京王電鉄株式会社プレスリリース

出典元:京王電鉄株式会社プレスリリース

京王電鉄は3月16日(土)から、東京都世田谷区にある井の頭線・下北沢駅に中央改札口を新設するのにあわせ、音声による対話型の窓口案内ロボ(AIロボ)や運賃表一体型デジタルサイネージ、駅総合案内デジタルサイネージの運用を始める。

これらの導入は、同社では初の試みだ。

AIロボの概要

出典元:京王電鉄株式会社プレスリリース

出典元:京王電鉄株式会社プレスリリース

オムロンソーシアルソリューションズ株式会社が製したAIロボは、乗客からの乗り換えや構内・周辺などの問い合わせに対し、音声とディスプレイ表示で回答する。

例えば、目的駅までの行き方については音声で経路と所要時間を案内し、エスカレーターや駅近くのコンビニなどの場所については、ディスプレイに表示される地図とともに、音声で位置を案内するという。

周囲の雑音の中でも、会話相手の音声を正確に汲み取ることができるように工夫されている。

現在の対応言語は日本語のみだが、今後は多言語対応を予定している。

AIロボは3月16日に、井の頭線下北沢駅中央口前にて駅係員としての“入社式”を行い、その場では基本機能や実際の対話の様子が紹介されるという。

デジタルサイネージの概要

出典元:京王電鉄株式会社プレスリリース

出典元:京王電鉄株式会社プレスリリース

運賃表一体型デジタルサイネージは券売機上に設置予定で、従来の運賃表とは異なり、デジタル表示のため運賃表などが見やすくなるほか、下北沢駅周辺の列車走行位置情報がリアルタイムで表示される。

基本的には日本語のみの表示だが、異常時には英・中・韓での表示も可能だ。

出典元:京王電鉄株式会社プレスリリース

出典元:京王電鉄株式会社プレスリリース

駅総合案内デジタルサイネージは、タッチパネル式の駅総合案内。

訪日外国人なども利用しやすいよう、乗り換え案内やリアルタイムな列車走行位置などを、日・英・中・韓の4か国語で表示する。

中央改札口新設に伴う駅改革

下北沢駅では、3月16日に中央改札口が新設される予定。改札階に自動改札機や自動券売機などが増設される。

同駅は今後、訪日外国人などを含む乗客がより利用しやすい駅を目指す。

下北沢駅改札階の中央口付近の計画平面図(出典元:京王電鉄株式会社プレスリリース)

下北沢駅改札階の中央口付近の計画平面図(出典元:京王電鉄株式会社プレスリリース)

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング