シェア

JAL、東京五輪に向けて特別塗装機「みんなのJAL2020ジェット」を就航へ

出典元:日本航空株式会社プレスリリース

出典元:日本航空株式会社プレスリリース

日本航空(JAL)は2019年4月8日から、2020年の東京オリンピック・パラリンピックのオフィシャルエアラインパートナーとして、特別塗装機「みんなのJAL2020ジェット」1号機を国内線に就航させる。

東京2020大会へ向けて機運高め

特別塗装機1号機には東京2020大会マスコットである「ミライトワ」「ソメイティ」や東京の街が描かれており、「東京2020大会を盛り上げていきたい」という思いが込められているという。

就航路線は東京(羽田)=大阪(伊丹)、札幌(新千歳)、福岡、沖縄(那覇)線など。

就航期間は2020年10月末までを予定している。

機内では、特別デザインのヘッドレストカバーや紙コップ、「ミライトワ」「ソメイティ」のぬいぐるみ、そしてコカ・コーラ社とのコラボグッズなどで乗客を迎える。

出典元:日本航空株式会社プレスリリース

出典元:日本航空株式会社プレスリリース

4月8日には、羽田空港第1ターミナル出発ゲート前にて就航セレモニーを開催。今後、異なるデザインの特別塗装機2号機、3号機も、東京2020大会までに就航するという。

開催500日前記念企画

東京オリンピックの開幕まで3月12日で500日を切った。

JALは今後、東京2020大会500日前を記念したさまざまなイベントや活動を展開していくという。

羽田空港内の特別装飾や、 新千歳空港、伊丹空港、福岡空港、那覇空港などにおける「ミライトワ」「ソメイティ」のフォトブース設置など、企画が盛り沢山となっている。

2020年に向けた期待と高揚感を詰め込んだこの一連のプロジェクトは「Fly for it!一緒なら、もっと飛べる。」をテーマとしており、JAL特設WEBサイトで詳しく閲覧することができる。

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング