シェア

プラスチックで道路建設!世界最大級の化学メーカーがプラゴミ問題解決に貢献へ

イメージ写真/Adobe Stock

イメージ写真/Adobe Stock

私たちは日常生活の中で、毎日大量のゴミを排出している。

そのゴミは埋め立て地の一部となり、基本的には消滅することがないので、地球上のゴミは増えていく一方ということになる。

ゴミによる海洋汚染問題も深刻だ。

そんな中、米ミシガン州ミッドランドに本拠を置く世界最大級の化学メーカーDow Chemical(ダウ・ケミカル)のある画期的な取り組みが話題を呼んでいる。

プラスチック再利用による道路建設

2017年にDow Chemicalは不要となったプラスチックを再利用し、それを道路建設の材料とする試みを始めた。

この取り組みで、これまでに22万ポンド(約99.8トン)のプラスチックが、埋め立て地ではなく街の道路として有効活用されたのだ。

世界で2番目に、海洋プラスチック汚染に貢献してしまっているというインドネシアが、この問題をどうにかしたいと同社に相談したことがきっかけだった。

同社はインドネシアに、プラスチックで道路建設をする方法を示し、同様の道路建設をタイやインドでも実施した。

アメリカ本土でも今年2月、同社の施設にある二つの私道を、1,700ポンド(約0.8トン)のプラスチックを再利用して舗装した。

アスファルトよりも頑丈

プラスチック再利用により建設された道路は、環境汚染の減少という観点からも有効であるが、実はこのプラスチック道路はアスファルト道路よりも耐性があるとされている。

腐食や天候などの影響を受けにくく、アスファルト道路と比べてくぼみが生じにくいという。

プラスチックを熱する際に生じる有毒ガスが心配される声も上がっているが、この点に関してはまだ明らかになっていない。

いずれにせよ、このプラスチック道路はアメリカが直面する廃棄プラスチックによる海洋汚染という大きな課題の解決に貢献することが期待されている。

今後世界各国で、環境に優しいインフラ整備として成長していく可能性は十分にあるだろう。

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング