シェア

ふるさと納税サイトで英語版サービスが始まる。第1弾は南房総市

Donation to Municipality

Donation to Municipality

ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を運営する株式会社トラストバンク(東京都目黒区)は4月5日から、英語で自治体へ一般寄附ができる「外国語寄附申込サービス」を始めた。

第1弾は千葉県南房総市。同社は今後、全国の自治体に呼び掛けてサービスを広めていきたいとしている。

外国籍者からの寄附の問い合わせが増加

2018年7月に西日本を襲った集中豪雨以降、外国籍者から自治体への寄付に関する問い合わせを多数受けていたという。

従来の「ふるさとチョイス」は日本語のみで、日本語が分からない外国籍者らの利用が困難という声を受け、外国語ページを開設した。

対象は自治体への一般寄附

このサービスでは自治体への一般寄附が可能だが、ふるさと納税制度の仕組みは適用されず、税金控除などの対象にはならない。

自治体ごとに設置される外国語寄附受付フォームで、クレジットカードでの寄附を受け付ける。

出典元:株式会社トラストバンク

出典元:株式会社トラストバンクプレスリリース

同社は、今後ふるさと納税による寄附のみならず、このように海外から自治体への一般寄附を受け付けることで、地域のさらなる活性や課題解決に役立てたいとしている。

海外の姉妹都市や、繋がりのある国などからの支援を受けることで、新たな国・地域間交流が生まれることも期待できるとしている。

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング