シェア

88.22カラットの最高品質ダイヤモンドを日本の個人コレクターが15億円で落札

(c)サザビーズ(出典:株式会社サザビーズジャパンプレスリリース)

(c)サザビーズ(出典:株式会社サザビーズジャパンプレスリリース)

4月2日に香港で開かれたサザビーズオークションで、88.22カラットのオーバルダイヤモンドが競売に掛けられた。

アジアからの3人の入札者が競り合った結果、落札予想価格を上回る1億800万香港ドル(約15億3,000万円)で落札したのは、日本人の個人コレクターだったという。

サザビーズ香港オークション

サザビーズは、年間約250のオークションを世界各国で開催している。

2019年春季オークションは3月29日から4月3日にかけて香港で開かれ、ジュエリーや時計などを含む数々の作品が出品された。

今回落札されたオーバルダイヤモンドは、この春季オークションに出品された。

稀に見る高価な品質

サザビーズによれば、このダイヤモンドは、評価基準である4つのC(カラー、クラリティー、カラット、カット)のすべてにおいて最高ランクを有しているという。

©サザビーズ(出典:株式会社サザビーズジャパンプレスリリース)

(c)サザビーズ(出典:株式会社サザビーズジャパンプレスリリース)

色はDカラー、質はフローレス、そして希少価値のあるタイプ2Aという分類との評価だ。

Dカラーというのは、完全無色で最高ランクを意味する。

フローレスというのは、内外部ともに内包物や傷が一切ないという意味で、まさに完璧な石と呼ばれている。

そしてタイプ2Aとは、ダイヤモンド全体の2%未満と言われる稀な分類に属しており、非常に透明度が優れているという。

88,22カラット

88.22カラットというカラット数にも価値の高さが表れている。

加工後に80カラット以上となる原石は非常に稀で、採石時のカラット数が242カラットであったうえに、世界でも有数の高レベル研磨職人の知識と技により生み出された神秘のダイヤモンドとも言える。

50カラット以上のオーバルダイヤモンドが出品されたのは、オークション史上今回が3つ目だという。

また、中国などアジア諸国では「88」に「完璧」、「繁栄」、「富」といった幸福をもたらす意味を持っており、デザイン的にもよく用いられる人気の数字だ。

様々な角度から見ても、だれもが認める最高品質のダイヤモンド。

今回落札した日本人の個人コレクターは、3月19日に東京で開催されたオークション下見会でこのダイヤモンドに注目していたという。

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング