シェア

特別な入場券も!スカイツリーで4月30日~5月1日に「令和」祝賀イベントを開催

(c)TOKYO-SKYTREE(出典:東京スカイツリータウンプレスリリース)

(c)TOKYO-SKYTREE(出典:東京スカイツリータウンプレスリリース)

東京スカイツリータウン(東京都墨田区)は、平成最後の4月30日(火・祝)と新元号「令和」初日となる5月1日(水・祝)の2日間を中心に、改元祝賀イベントを開催する。

スカイツリー特別点灯

4月30日に「ありがとう平成」をテーマに、5月1日には「令和元年」をテーマに、それぞれ地上350メートルの展望デッキ上部をレーザーマッピングで演出する。

5月1日0:00~6:00、18:30~24:00には日章旗をイメージした特別点灯を行う。

©TOKYO-SKYTREE(出典:東京スカイツリータウンプレスリリース)

点灯イメージ (c)TOKYO-SKYTREE(出典:東京スカイツリータウンプレスリリース)

2日間にわたる特別営業

4月30日は、スカイツリー展望デッキの営業時間を2時間30分延長して、令和初日となる5月1日0:30まで営業する。

延長営業は展望デッキのみが対象で、最終入場は5月1日0:00となる。

延長される営業時間では、展望デッキの当日券入場料が、通常大人2,300円のところ、半額の1,150円となる。

先着500人には「令和」とラベリングした缶ビールを贈呈予定だ。

この2日間、展望デッキ入場券には「ありがとう平成」「おめでとう令和」と特別に印字されることとなっており、レアな入場券が手に入るチャンスだ。

入場券面への印字イメージ ©TOKYO-SKYTREE(出典:東京スカイツリータウンプレスリリース)

入場券面への印字イメージ  (c)TOKYO-SKYTREE(出典:東京スカイツリータウンプレスリリース)

4月12日(金)からはスカイツリー1階と5階にあるオフィシャルショップ「THE SKYTREE SHOP」で、令和を記念してデザインされた菓子やポストカート、置時計などオフィシャルグッズを販売する。

東京ソラマチでも

スカイツリーに併設の商業施設「東京ソラマチ」では、5月1日に書道家・鈴木猛利氏が令和を巨大半紙に書くパフォーマンスを開催するほか、獅子舞、振る舞い酒、LINEキャンペーンの実施などで令和の初日を盛り上げる。

書道パフォーマンス(イメージ)©TOKYO-SKYTREETOWN(出典:東京スカイツリータウンプレスリリース)

書道パフォーマンス(イメージ)©TOKYO-SKYTREETOWN(出典:東京スカイツリータウンプレスリリース)

平成を象徴する建物のひとつである東京スカイツリー。新元号のスタートを祝うイベントには、きっと多くの人が訪れてにぎわうだろう。

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング