シェア

お台場で最新技術を体験できるイベント「Maker Faire Tokyo」が今夏も開催へ!出展者を募集中

出典元:株式会社オライリー・ジャパンプレスリリース

出典元:株式会社オライリー・ジャパンプレスリリース

株式会社オライリー・ジャパン(東京都新宿区)は8月3日(土)~4日(日)の2日間にわたり、東京・お台場にある東京ビッグサイトで、新しいテクノロジーの発表・交流の場となる「Maker Faire Tokyo 2019」を開催する。

これに伴い、同社は出展者とスポンサー企業の募集を4月4日(木)よりスタートした。

Maker Faire Tokyoとは

「Maker Faire Tokyo」は米サンフランシスコを発祥の地とし、世界200か所で開かれている新しいテクノロジーが集結するイベントだ。日本では2008年から毎年開催されている。

出典元:株式会社オライリー・ジャパンプレスリリース

出典元:株式会社オライリー・ジャパンプレスリリース

人工知能(AI)やVR、ミニサイズのコンピューター、立体物の作成を可能とする3Dプリンターなど、最新のテクノロジーを駆使して独特な作品を手掛ける作り手を「Maker」と呼び、目覚ましく広がっていく彼らの技術やコミュニティに注目。

このイベントは、Makerたちの発表・交流の場となっており、さらに企業によるプログラミング教育用ツールなど、最新テクノロジーを活用した様々な新製品の発表や販売、体験型企画などが予定されている。

大人から子どもまで楽しめる内容ということもあり、2018年8月に開催された「Maker Faire Tokyo 2018」では600組の出展者が集まり、来場者は約2万4,000人と、大盛況となった。

2019年5月には初の関西地域での開催も決まっており、約200組が出展する「Maker Faire Kyoto 2019」にも期待が高まっている。

出展申込締切は5月8日

国内外の最新技術を体感することができるこのイベントの入場料は、前売り券・大人1,000円(税込)、18歳以下500円(税込)、当日券・大人1,500円(税込)、18歳以下700円(税込)。

今回は約420組の出展を予定しており、最新技術を積極的に取り入れたユニークな作品や企画を募集している。

出展の申し込みはウェブサイトより行うことができる。締切は5月8日(水)13:00となっている。

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング