シェア

世界一深い水深45メートルの巨大プールが今秋オープンへ!

deepspotpoland/Instagram

deepspotpoland/Instagram

2019年秋にオープンを予定するポーランドのプール施設が、海外メディアなどの注目を集めている。

世界一深いプール

ワルシャワで現在建設中のプール施設「Deepspot」は、オープン予定の今秋時点では世界で最も深いプールとなる。

水深45メートル。ビルであれば、およそ15階建てに相当する高さである。

約8,000立方メートルの水が入るというこのプールは、運動選手やプロのダイバーのみならず、一般客にも広く開放する予定だ。

View this post on Instagram

Deepspotさん(@deepspotpoland)がシェアした投稿

水中トンネルや宿泊施設も

このプール、実は泳ぐ以外にも様々な楽しみ方が用意されている。

プール内を横断する透明なトンネルの中を歩くと、潜ることなく、濡れることなく、水中を歩いている気分になれる。

プールの中を眺めることができる会議室やトレーニングルーム、そして宿泊できる部屋も用意しており、水の中にいるような気分に浸りながら、非日常感のある時間を過ごすことができるという。

もちろんダイバーにとっても、非常に優れた環境を整えており、長時間のダイバーレッスン時にもウェットスーツを着なくても良いように、水温が高めに設定されている。

View this post on Instagram

Deepspotさん(@deepspotpoland)がシェアした投稿

水質管理にも注力を惜しまず

この巨大な水槽を掘り、工事するのもかなりの技術と労力を要したようだが、さらなる課題は、完成後に水をいかにクリアなまま保つかということだ。

一日中クリアな水を維持するために、泳ぐ人やダイバーの妨げにならないように配慮をしながら、特別な濾過装置を開発する必要があったという。

イギリスで建設中の水深約50メートルのプールが完成するまでは、このDeepspotが世界一深いプールということになるということで、オープンを楽しみにしている人が世界中にあふれていることだろう。

View this post on Instagram

Deepspotさん(@deepspotpoland)がシェアした投稿

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング