シェア

Facebook創設者が妻のために発明した睡眠サポート機器がすごい!

イメージ写真/Adobe Stock

イメージ写真/Adobe Stock

Facebookの創立者であるMark Zuckerberg氏がこのほど、個人的に考案した「Sleep box」と呼ばれる発明品が世界で注目を浴びている。

一定の時間帯のみ点灯

「Sleep box」は彼が妻のために発明した、快適な睡眠をサポートするための機器だ。

彼の妻は、夜中や明け方に目を覚ましては携帯で時間を確認し、子どもたちが起きる時間かどうか確認しているという。

そして彼女にとって、その時間を確認する行為がとてもストレスになっており、その後再度眠りにつくことができない場合も少なくない。

そんな彼女のために、夫であるMark氏が発明した「Sleep box」は、箱の底からほんのりと灯りが漏れるように設計されている。

そしてその灯りは、毎朝6時から7時の間だけ点灯する仕組みになっているという。

この投稿をInstagramで見る

Mark Zuckerbergさん(@zuck)がシェアした投稿

彼女が目を覚ました際、その灯りが点灯していれば、子どもが起きて良い時間であり、点灯していなければ、まだ起きなくても良い時間ということだ。

明るすぎない灯りなので、点灯しても彼女が明るさで目を覚ますこともない。

妻への愛と感謝から誕生

Mark氏は自身のインスタグラムで、こう語った。

技術者として、自分のパートナーのより良い睡眠のための機器を設計することは、愛と感謝の気持ちを表現する最良な方法のひとつだと思います。

この投稿をInstagramで見る

Mark Zuckerbergさん(@zuck)がシェアした投稿

海外メディアによると、この「Sleep Box」は、商品化に向けて計画が進められているという。

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング