シェア

自分の名前を火星に届けよう!NASAが異例のキャンペーン、公式サイトで開催中

©NASAJPL-Caltech

©NASAJPL-Caltech

NASAは2020年7月、米フロリダ州にあるCape Canaveral空軍ステーションで、人類初の火星上陸を目指して探査車を打ち上げる予定としている。

これに併せて、NASAは名前を印刷したチップを火星に届けようと、広く一般に希望者を募るキャンペーンを始めた。

自分の名前を火星に届けよう

火星に向けて発射される予定の探査車は、2021年2月に火星へ上陸する見込みだ。

NASAによればこの探査車の重さは約1,000キロで、火星では、微生物生命の形跡や気候や地形の特徴などを調べる。さらにサンプルを収集して、開拓のための道を開くことを目的としているという。

このキャンペーンは、記念すべきこの初挑戦を皆で分かち合いたいという想いからスタートした。

ウェブサイトから自分の名前を入力し送信すると、名前が印刷された極小サイズのシリコンチップが火星に送られるという証に記名された火星への搭乗券が手に入る。

©NASAJPL-Caltech

©NASAJPL-Caltech

キャンペーンの締め切りは2019年9月30日。

5月29日14時20分時点で、5,894,461件の名前が登録されている。

NASAは2024年までに月に再上陸するというミッションも掲げており、今後の宇宙開発における期待がより一層高まっている。

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング