シェア

モネ「幻の大作」の欠損部分をAI技術で復元!国立西洋美術館で公開中

欠損した「睡蓮、柳の反映」(出典:凸版印刷株式会社プレスリリース)

欠損した「睡蓮、柳の反映」(出典:凸版印刷株式会社プレスリリース)

国立西洋美術館(東京都台東区)と凸版印刷株式会社(東京都千代田区)は、クロード・モネの絵画「睡蓮、柳の反映」の欠損箇所をデジタル技術で推定、復元した。

完成品は6月11日(火)から、東京・上野の同館で開く企画展「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」に合わせて一般公開している。

幻の大作「睡蓮、柳の反映」

川崎造船所(現・川崎重工業株式会社)の初代社長を務めた松方幸次郎氏が、1910年から1920年代にヨーロッパで数々の美術品を収集した。

その後、一度は分散した美術品の一部を保管・展示するために1959年に設立されたのが、国立西洋美術館だ。

モネの代表的な連作「睡蓮」の中の1点である「睡蓮、柳の反映」は、1921年に松方氏がモネから直接譲り受けたものだという。

同作品は長らく所在不明だったが、2016年に絵画の上半分が失われた状態で発見され、「幻の大作」と呼ばれていた。

欠損した「睡蓮、柳の反映」(出典:凸版印刷株式会社プレスリリース)

欠損した「睡蓮、柳の反映」(出典:凸版印刷株式会社プレスリリース)

デジタル推定復元の方法

欠損前の作品の全体像が確認できるのは欠損前の白黒写真のみだったが、今回、国立西洋美術館による修復や各方面から得られたの協力のもと、AI技術などを駆使して「デジタル推定復元」を実現した。

まず、同作品のほぼ中央に描かれている柳の幹をヒントに、国内外の美術館が収蔵している作品の中から、描かれた時期やモチーフが近い作品を中心に選び、モネの作品の調査を実施。モネの描く手順や特徴なども探った。

さらに、同作品の残存部分を科学調査し、使用されている絵具を特定。ヒントとなる欠損前の白黒写真を鮮明化し、色彩情報の精度も高めた。

そして最も注目したいのは、色彩を推定するために活用されたAI技術だ。

筑波大学人工知能科学センター・飯塚里志助教授による協力のもと、モネの他作品から、その彩色パターンをAIに学習させ、全体の色彩を推定する仕組みを実現した。

人による推定をAI技術で検証するという方法で、より精度の高い復元が叶ったという。

デジタル推定復元図「睡蓮、柳の反映」(出典:凸版印刷株式会社プレスリリース)

デジタル推定復元図「睡蓮、柳の反映」(出典:凸版印刷株式会社プレスリリース)

企画展は、6月11日(火)から9月23日(月・祝)まで開催。

通常観覧券は一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円。中学生以下は無料。7月20(土)から8月6日(火)の期間中は、高校生無料観覧日となっている。

公式オンラインチケットはウェブサイトから購入できる。

【開催概要】
会期:2019年6月11日(火)~9月23日(月・祝)

休館日:毎週月曜日、および7月16日(火)
※7月15日(月・祝)、8月12日(月・休)、9月16日(月・祝)、9月23日(月・祝)は開館

開館時間:午前9時30分~午後5時30分(金・土曜日は午後9時まで)

会場:国立西洋美術館(東京都台東区上野公園7-7)

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング