シェア

米の有力旅行誌が読者投票ランキングを発表、東京のホテル部門第1位は「ザ・リッツ・カールトン東京」

出典元:マリオット・インターナショナルプレスリリース

出典元:マリオット・インターナショナルプレスリリース

東京都港区赤坂にあるホテル「ザ・リッツ・カールトン東京」は、米国旅行雑誌「Travel + Leisure (トラベル・アンド・レジャー)」が実施した2019年の読者投票ランキング「ワールド・ベスト・アワード2019」において、東京のホテル部門の第1位を取得した。

さらに、アジアのホテル部門では、日本で唯一トップ10入りを果たしたという。

出典元:マリオット・インターナショナルプレスリリース

出典元:マリオット・インターナショナルプレスリリース

和と西洋の融合した現代的なインテリアが特徴

六本木駅に直結する同ホテルは、都内最高の高さを誇るミッドタウン・タワー最上層9フロアを占め、都内屈指の高級ホテルとして、国内外の利用者から親しまれている。

和と西洋の融合をテーマとした現代的なインテリアが印象的な客室は247室あり、うち35室がスイートルームだ。

客室のみならず、レストラン、スパ、クラブラウンジからも360度の絶景を眺めることができ、至福のひと時を過ごすことができるという。

ミーティングやイベントができる宴会施設や、結婚式を挙げるチャペル、そして世界的にも評価の高いバーやレストランも完備されている。

出典元:マリオット・インターナショナルプレスリリース

出典元:マリオット・インターナショナルプレスリリース

「Travel + Leisure」を代表するランキング「ワールド・ベスト・アワード」は、24年の歴史を持つ、毎年世界中から注目を集めるランキングだ。

Travel + Leisure編集長であるジャッキー・ギフォード氏によれば、ここでランキング入りするということは、世界的に卓越したブランドとして認知されたことになるという。

同ホテルの総支配人である田中雄司氏は、プレスリリースにて「国際的に評価の高い『Travel + Leisure』の賞で東京を代表することができ誇りに思います。」と、喜びの気持ちをコメントしている。

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング