シェア

埼玉県深谷市が農業課題の解決をめざすビジコンの受付スタート!8月31日まで

イメージ写真/Adobe Stock

イメージ写真/Adobe Stock

埼玉県深谷市は7月16日、農業の課題解決につながるビジネスコンテスト「DEEP VALLEY Agritech Award 2019」の応募を、総合農業情報サイト「マイナビ農業」にて受付開始した。

キーワードは「アグリテック」

深谷市は、「深谷ねぎ」などのブランド野菜をはじめとした数々の農産物の生産地として知られている。

同市は、今後さらに農業を発展させていくにあたり、後継者不足解消や生産性向上などを実現するための鍵となるのが、農業(Agriculture)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた「アグリテック」だとしている。

農家と多様なアグリテック企業が繋がり相互作用を続けていくことによって、次世代農業の創出を目指しているという。

農業の課題解決に貢献するアイデアを募集

出典:株式会社マイナビプレスリリース

出典:株式会社マイナビプレスリリース

同コンテストでは、同市のみならず、日本全国が抱える農業の課題解決に貢献する企業・技術を集め、表彰する。

AIやドローンなど、最新技術を活かしたアイデアを広く募っており、優秀プランとして選ばれたものについては、事業化も検討するという。

出資賞金総額は1,000万円。

応募対象部門は、既にサービス開発または製品開発がなされていて試作段階にある「プロダクト部門」と、まだ試作段階に至っていないビジネスアイデアである「コンセプト部門」の2部門。

応募者の所在地は市内外を問わず、個人・法人ともに応募が可能。応募フォームからエントリーができる。

応募締め切りは8月31日。9月上旬に1次審査、9月下旬に2次審査、そして最終審査は10月31日を予定している。12月から事業化に向けた支援の検討を始める予定。

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング