シェア

クックパッド、子ども食堂レシピ共有サイトも開設!活動普及を目指す

イメージ写真/Adobe Stock

イメージ写真/Adobe Stock

クックパッド株式会社(東京都渋谷区)は7月18日、同社が運営するサイト「クックパッドニュース」にて、「こども食堂」についての理解促進を目的とした連載企画「全国こども食堂探検」を始めた。

出典:クックパッド株式会社プレスリリース

出典:クックパッド株式会社プレスリリース

全国こども食堂支援センターと連携

「こども食堂」は、地域の人々に安価または無料で食事を提供する食堂だ。子どもの貧困や、地域内の交流不足などといった問題解決の糸口として、全国に広まっている。

NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえによれば、全国に約3,700の子ども食堂が存在しており、近年その数は急増しているという。

一方で、株式会社インテージホールディングスが2018年3月に実施した「子ども食堂の認知等に関する調査」によると、こども食堂の内容や詳細を知っている人は4割程度だった。

そこで、食を通じて幸せなコミュニティを作りたいとするむすびえの活動に、同じく食を通じて人々を幸せにしたいという志を持つクックパッド株式会社が賛同。

子ども食堂の認知度向上と参加者の増加を目指し、「クックパッドニュース」にて、全国のこども食堂運営者への取材記事を、月1回を目安に連載することとなった。

「むすびえ公式キッチン」で子ども食堂レシピも公開

初回は、福岡県大野城市のこども食堂「おおのじょう こども食堂 みずほ町」を取材し、同食堂が郷土料理をアレンジして開発した人気メニュー「鶏ぼっかけ」とそのレシピも併せて紹介している。

同時に開設された「むすびえ公式キッチン」では、「鶏ぼっかけ」を始めたとした、全国のこども食堂で作られているレシピを公開。

随時更新し、こども食堂同士でのレシピ共有や交流促進などを目指す。

出典:クックパッド株式会社プレスリリース

出典:クックパッド株式会社プレスリリース

クックパッド編集部・クックパッドニュース担当者の植木優帆さんは、プレスリリースで「今回の連載を通じて、読者の皆様にとっても「こども食堂」の存在が身近になり、ご自身の住む地域のこども食堂について知るきっかけを提供できたらと思います。」と、意気込みを語っている。

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング