シェア

「日本一試作をする煎餅屋」老舗の6代目がチョコミント味の煎餅に懸ける思い

出典:株式会社田中屋せんべい総本家プレスリリース

出典:株式会社田中屋せんべい総本家プレスリリース

160年の歴史を持つ老舗煎餅店である田中屋せんべい総本家(岐阜県大垣市)は、8月1日にチョコミント味の煎餅「ミントとカカオのお煎餅」を限定で再販する。

これまでにも斬新な発想でユニークな和菓子を開発してきた6代目当主・田中裕介さんに取材した。

出典:株式会社田中屋せんべい総本家プレスリリース

出典:田中屋せんべい総本家プレスリリース

何となく継いだ家業

───田中屋せんべい総本家の簡単な歴史を教えてください。

創業安政6年(1859年)。初代田中増吉が大阪で煎餅の修行をし、明治元年に「みそ入大垣せんべい」が誕生しました。以来、手焼きの伝統を守り続けています。

現在は6代目で常時15種類程度の小麦粉煎餅を焼いております。

───どのようにして家業に入られたのですか?

私が実家である田中屋せんべい総本家に入社したのが2001年の春です。

大学卒業後、2年間スキーの選手として専念させてもらって、その後3年、名古屋市の老舗和菓子店で製造の修行に入らせてもらったのち、何となく実家の家業に入りました。

当時27歳。社長は父親でした。

───それから、困難だったことや悩んだことなどはありましたか?それをどのように乗り越えられましたか?

従業員と社長との間の認識・価値観のズレや、ほとんどの製品を高齢の職人さんたちから仕入れていたことから「近い将来、売り物が作れなくなる」という危機感などに直面し、問題解決のために試行錯誤を繰り返しました。

従業員の長時間労働や少ない休日という労働環境に対しても、どうにかしなければと思い、営業時間を短縮し、5店舗あった店舗を2つに減らしました。そこでできた余剰人員は、製造に回しました。

売り物を作り続けるための投資を続け、現在はほぼ全ての製品を自社で製造できるほどになりました。

自称「日本一試作している煎餅屋」

田中さんは、これまでにも伝統を守るだけでなく、みそせんべいをアレンジした「キャラメル煎餅まつほ」や「ミント煎餅」、「甘酒せんべい」などユニークな和菓子を生み出してきた。

キャラメル煎餅まつほ(株式会社田中屋せんべい総本家より提供)

キャラメル煎餅まつほ(株式会社田中屋せんべい総本家より提供)

ミント煎餅(株式会社田中屋せんべい総本家より提供)

ミント煎餅(株式会社田中屋せんべい総本家より提供)

新商品のアイデアは常に考えていて、日頃から試作を繰り返しているという田中さん。

自称「日本一試作している煎餅屋」です。

アイデアよりも手を動かし続けることを重要視しています。

ミントとカカオのお煎餅が誕生

今回の限定商品「ミントとカカオのお煎餅」は、香料をふんだんに使用してミント風味を強くしている数々のミント味菓子に対して疑問を感じたことが開発のきっかけだったと振り返る。

「もっと自然な味のチョコミントを楽しめるのではないか」という想いで製作に取り組んだ。

粉砕したミント茶葉とチョコレートを生地に練り込み、無香料かつ無着色の爽やかなチョコミント味に仕上げた。素材はすべて自然食品にこだわり、バターや牛乳でコクを加え、食感はさくっと軽やかに演出したという。

なかなか想像がつきにくい煎餅とミントとカカオの組み合わせだが、食べてみると違和感なく、全てがしっくり馴染んでいる。

自然ながらも、カカオの風味に負けないミント感を生み出すために、定番販売のミント煎餅より大きく厚い商品となっている。

出典:株式会社田中屋せんべい総本家プレスリリース

出典:株式会社田中屋せんべい総本家プレスリリース

もともとはバレンタイン限定商品として売り出したものだったが、隠れた人気商品となり、「夏こそ食べたい」という要望が多数あったことから、今回の限定販売が実現した。

価格は1袋(50グラム)540円(税込)。7月31日現在、同店のオンラインストアで予約購入できる。

この先150年続くお店へ

田中さんは「和菓子をもっと自由に面白く」をコンセプトとした、全国老舗和菓子当主の集い「本和菓衆」の代表も務めている。

───今後はどのようなお店にしていきたいですか?

この先150年続くようなお店にしたいと思っています。

それには商品だけでなく、煎餅を良いもの、素敵なものとして思ってもらえるような土壌、文化を作っていくのが使命だと考えています。

若き匠の挑戦は、これからも続いていく。

出典:株式会社田中屋せんべい総本家プレスリリース

出典:株式会社田中屋せんべい総本家プレスリリース

【田中屋せんべい総本家】
当主:田中裕介
所在地:〒503-0885 岐阜県大垣市本町2-16
電話: 0584-78-3583
URL: http://tanakaya-senbei.jp

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング