シェア

みなとみらいに新スポット「横浜ハンマーヘッド」が今秋オープンへ!

出典:野村不動産ホールディングス株式会社プレスリリース

出典:野村不動産ホールディングス株式会社プレスリリース

新港ふ頭客船ターミナル株式会社と横浜市が官民で連携して推進している「YOKOHAMA HAMMERHEAD PROJECT」は、今秋、横浜市中区の新港ふ頭に新複合施設「横浜ハンマーヘッド(YOKOHAMA HAMMERHEAD)」を開業する。

観光スポットであるみなとみらい地域の新名所になりそうだ。

コンセプトは海の駅

コンセプトは、街と陸、海、空をつなぐ海の駅「ヨコハマ ウミエキ」。

「YOKOHAMA HAMMERHEAD PROJECT」では、新港ふ頭客船ターミナルを中核とし、商業施設「ハンマーヘッド SHOP&RESTAURANT」、ラグジュアリーホテル「インターコンチネンタル横浜 Pier8」、および公園「ハンマーヘッドパーク」が整備される予定。全ての施設総称を「横浜ハンマーヘッド(YOKOHAMA HAMMERHEAD)」と呼ぶ。

開業はハンマーヘッドSHOP&RESTAURANTが10月中、新港ふ頭客船ターミナルが11月4日、インターコンチネンタル横浜 Pier8が11月中、そしてハンマーヘッドパークが2020年3月下旬を予定しているという。

同施設は海、街ともに非常に近い場所に位置する。アクセスはみなとみらい線 「馬車道駅」徒歩10分、「みなとみらい駅」徒歩12分、JR京浜東北線「桜木町」駅徒歩15分としている。

出典:野村不動産ホールディングス株式会社プレスリリース

出典:野村不動産ホールディングス株式会社プレスリリース

都市と港の接点・新港ふ頭

国内初の近代的埠頭として、横浜港の中心的役割を担った新港ふ頭。1899年に埋め立てが始まり、15年後の1914年に陸上設備を含めた整備が完工した。

同時期に設置された、港湾荷役専用のイギリス製クレーン「ハンマーヘッドクレーン」は、それまで人力に頼っていた荷役の概念を覆し、これにより重量物や鋼材を直接船から積み下ろしすることが可能となったという。

時代が進むにつれ、海上貨物はコンテナが主流となり、新港ふ頭のハンマーヘッドクレーンは2001年に役割を終えた。

出典:野村不動産ホールディングス株式会社プレスリリース

出典:野村不動産ホールディングス株式会社プレスリリース

しかし、それ以降も次世代にも継承すべきとされるハンマーヘッドクレーンを有する新港ふ頭は、都心部に残された港として、都市と港の接点という役割を担い続けているという。

多様な施設で港地域を活性化

今回の整備事業は、新港ふ頭客船ターミナルにおける客船の受け入れ機能の強化とともに、ホテルや商業施設が一体となって港地域を盛り上げる拠点を目指している。

同ターミナルには、11月4日に第1号としてカーニバルコーポレーション社のダイヤモンド・プリンセスが入港する予定となっている。

出典:野村不動産ホールディングス株式会社プレスリリース

出典:野村不動産ホールディングス株式会社プレスリリース

ホテル「インターコンチネンタル横浜 Pier8」は、全173室を備え、大きなガラス張りの窓からは横浜港を眺めることができる贅沢な立地だ。

商業施設「ハンマーヘッド SHOP&RESTAURANT」は、食をテーマとした多彩な25店舗が入居予定。「THE FACTORY」をコンセプトとしたデザインで、港の倉庫をリノベーションしたような空間を創り上げる予定という。

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング