シェア

世界最大の屋内型ミニチュア・テーマパークが有明に来春オープンへ

出典:株式会社 SMALL WORLDSプレスリリース

出典:株式会社 SMALL WORLDSプレスリリース

株式会社 SMALL WORLDS(東京都港区)は2020年春、東京・有明に世界最大の屋内型ミニチュア・テーマパーク「SMALL WORLDS TOKYO」をオープンする。

現実やアニメの世界を1/80に縮小

総面積8,000平方メートルという同テーマパークは、様々な世界を1/80に縮小した「世界一小さな国」がテーマ。

関西国際空港エリア、スペースセンターエリア、世界の街エリア、美少女戦士セーラームーンエリア、エヴァンゲリオン 第3新東京市エリア、エヴァンゲリオン 格納庫エリア、東京エリア(仮称・詳細未定)の計7つに分かれている。

▼関西国際空港エリア

出典:株式会社 SMALL WORLDSプレスリリース

出典:株式会社 SMALL WORLDSプレスリリース

▼世界の街エリア

出典:株式会社 SMALL WORLDSプレスリリース

出典:株式会社 SMALL WORLDSプレスリリース

▼スペースセンターエリア

出典:株式会社 SMALL WORLDSプレスリリース

出典:株式会社 SMALL WORLDSプレスリリース

出国審査から始まり、自分が巨人になったかのように感じられる「ガリバー化」トンネルをくぐると、待ち受けているのはミニチュア世界。

来場者は、金子辰也氏や河森正治氏などといった、日本を代表する数々のクリエイターやエンジニアが携わったことで実現した、圧倒的な投入感を誇る「動くミニチュア世界」を楽しむことができる。

特に人気アニメ「美少女戦士セーラームーン」や「エヴァンゲリオン」の舞台を再現したエリアでは、まるでその世界に入り込んだかのように、夢中に意識を投入できる空間だという。

▼美少女戦士セーラームーンエリア

出典:株式会社 SMALL WORLDSプレスリリース

出典:株式会社 SMALL WORLDSプレスリリース

さらに、自分自身を3Dスキャンして自分のフィギュアを作成し、各エリアの住人として参加ができる「住民権付きフィギュア・プログラム」など、鑑賞だけでなく参加して楽しむことができるのも、特徴のひとつだ。

「住民権付きフィギュア・プログラム」は、8月9日から順次チケットの販売が始まる予定。チケット価格は19,880円(税込)、18歳以下は17,600円(税込)。

▼エヴァンゲリオン 第3新東京市エリア

出典:株式会社 SMALL WORLDSプレスリリース

出典:株式会社 SMALL WORLDSプレスリリース

エヴァンゲリオン 格納庫エリア 出典:株式会社 SMALL WORLDSプレスリリース

格納庫エリア 出典:株式会社 SMALL WORLDSプレスリリース

2022年に沖縄にも開業予定

同社によれば、働き方改革や休み方改革、訪日外国人観光客の増加、そして都心部への人口集中などの影響を受け、国内のレジャー市場は大きな成長が期待されているという。

また、気候に左右されず楽しめる屋内型のエンターテイメント施設は特に注目を集めているという。

同テーマパークはエンターテイメントの要素のみならず、「ショーケースの場」として企業の技術や先端テクノロジーが体験できる「オウンドメディア型テーマパーク」としての側面と、次世代を担う子どもたちが先端技術を学ぶことができる教育機関としての側面をも併せ持っている。

そのため、多くの企業との連携を進めており、様々な教育プログラムも用意している。

同社によれば、2022年に沖縄で同様のテーマパークの開業を予定しており、その後はさらに海外への展開も視野にいれて計画を進めているという。

出典:株式会社 SMALL WORLDSプレスリリース

出典:株式会社 SMALL WORLDSプレスリリース

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング