シェア

サブスクで生じる煩雑な作業を代行し、サービス提供者を支援するプラットフォーム「SubscLamp」が登場

出典:株式会社インタースペースプレスリリース

出典:株式会社インタースペースプレスリリース

株式会社ストアフロント(東京都新宿区)は9月9日、初心者のサブスクリプションビジネスの立ち上げをサポートするプラットフォーム「SubscLamp(サブスクランプ)」の提供を開始した。

誰でも簡単にサブスクビジネスを

サブスクリプションビジネスとは、定額や会員制のサービスを意味する。

個人や企業などが初めて定額サービス事業を立ち上げる際には、知識、経験、システム開発費などの不足といった問題が生じることが多いが、「SubscLamp」ではそういった問題を一括解消できるという。

出典:株式会社インタースペースプレスリリース

出典:株式会社インタースペースプレスリリース

具体的には、誰でも簡単にサブスクリプションビジネスが始められるように、サービスの中で生じる申込受付、決済、売上請求管理などを全て代行。

サービス提供者は、商品や顧客の管理、毎月のユーザー継続率集計などといった手間のかかる作業も、管理画面上で簡潔に行うことができるという。

サービスを3つまで無料掲載

出典:株式会社インタースペースプレスリリース

出典:株式会社インタースペースプレスリリース

「SubscLamp」上でサブスクリプションビジネスを始めるには、まず定期配送やレンタルサービスなどといったモノサブスク、ファンクラブや習い事などといったコトサブスク、そして、動画サービスや電子書籍などといったデジタルサブスクの3つのカテゴリーから、1つを選択する。

立ち上げたい事業を審査にかけ、通れば無料で自分の提供したいサービスを3つまで「SubscLamp」に掲載することができる。

費用は、サービス利用者との契約された決済額に対する15%の手数料。掲載サービスの売り上げは、「SubscLamp」からサービス提供者の登録口座に振り込まれる。

同社はこのプラットフォームで、サブスクリプションビジネスを始める人のサポートを通じ、世の中を今より少しでも豊かにしていきたいとしている。

今後「SubscLamp」の活用方法などに関するセミナーを、全国主要都市にて開催予定とのこと。詳細は「SubscLamp」で順次公開していく。

SubscLamp:https://subsclamp.com/

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング