シェア

土砂崩れで運休した滋賀・賤ヶ岳リフト、運行再開でにぎわいを取り戻す

出典:奥伊吹観光株式会社プレスリリース

出典:奥伊吹観光株式会社プレスリリース

奥伊吹観光株式会社(滋賀県米原市)は9月9日、運営する滋賀県長浜市の賤ヶ岳(しずがたけ)リフトの8月の来場者数が6,450人で、運休前の2017年8月来場者数5,482人と比べ、およそ2割増加したと発表した。

リフトは土砂崩れからの復旧工事を終え、今年7月6日に約1年4カ月ぶりに営業を再開していた。

絶景や歴史的名所が人気

出典:奥伊吹観光株式会社プレスリリース

出典:奥伊吹観光株式会社プレスリリース

賤ヶ岳リフトは賤ヶ岳トンネル付近の乗り場から、賤ヶ岳古戦場を結んでいる。

リフトで6分ほど登ると、琵琶湖、余呉湖、竹生島、そして伊吹山までの絶景を眺めることができるという。

例年4月下旬から5月中旬にかけては、多年草であるシャガが見頃を迎えるほか、賤ヶ岳古戦場から余呉湖畔にかけてのハイキングコースも人気だ。

秋には紅葉狩りも

賤ヶ岳リフトは一部土砂崩れにより、2018年3月から運休した。運営会社を変えて2019年7月に再開して以降、観光スポットとしてテレビでも紹介されるなど再び注目を集めた。

リフト往復チケット購入者にはオリジナルうちわをプレゼントするなどの施策も呼び水となり、運休前にも勝るにぎわいを見せているという。

出典:奥伊吹観光株式会社プレスリリース

出典:奥伊吹観光株式会社プレスリリース

出典:奥伊吹観光株式会社プレスリリース

出典:奥伊吹観光株式会社プレスリリース

リフト周辺では秋には紅葉狩りも楽しめるといい、これからのシーズンも観光客でにぎわいそうだ。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング