シェア

独スタートアップ企業が開発した電気飛行機、2025年までに「空飛ぶタクシー」を目指す

出典:Lilium Media Kit

出典:Lilium Media Kit

ドイツを拠点とするスタートアップ企業「Lilium」はこのほど、2025年までに、電気飛行機「Lilium Jet」による、空飛ぶ5人乗りタクシーサービスを、世界中のあらゆる地域で提供すると発表した。

出典:Lilium Media Kit

出典:Lilium Media Kit

世界最高峰のデザイン賞を受賞

「Lilium Jet」は充電式で、1回の充電で60分間、300キロメートルを飛ぶことができるという。

すでに5月にミュンヘンで初の試験飛行を実施しており、垂直の離着陸に成功している。

白を基調としたシンプルなデザインも世界的に評価を受けている。9月25日、世界最高峰のデザイン賞のひとつである「Red Dot Design Award(レッド・ドット・デザイン賞)」で、最高位である「レッド・ドット・ルミナリー賞」を受賞した。

料金は通常タクシーと同等

出典:Lilium Media Kit

出典:Lilium Media Kit

同社によれば、「Lilium Jet」の利用者は、スマートフォンのアプリ上でタクシーを呼び、最寄りの離着陸場で搭乗することができるようになる予定だ。

利用料金に関してはまだ明らかにされていないが、富裕層だけでなく、一般の人々が気軽に利用できるよう、通常のタクシーとあまり変わらない料金での提供を計画しているという。

出典:Lilium Media Kit

出典:Lilium Media Kit

出典:Lilium Media Kit

出典:Lilium Media Kit

実は、空飛ぶタクシーの構想は、自動車配車サービス・UBER(米国)や、航空宇宙機器開発製造会社であるBoeing(米国)、および高級自動車メーカー・Rolls Royce(英国)などといった他企業も有しており、その実現化にむけて各々が邁進している状況だ。

競合する大企業群に対し、同社は「Lilium Jet」をより長い距離を移動できるタクシーとして社会に提供することで差別化を図りたいとしている。

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング