シェア

Googleの大気汚染を可視化するツールを京都市が日本初導入

出典:Google Japan Blog

出典:Google Japan Blog

Googleは2018年9月から、各都市における大気汚染および二酸化炭素排出量のレベルを測定して示すオンラインツールを無料公開している。

今年10月10日、京都市が排出量データをこれに登録、日本の都市として初めて導入した。

対象都市の大気汚染状況を可視化

同ツールは「The Environmental Insights Explorer (EIE:環境観察エクスプローラー)」と称する。

Googleマップから取得した交通や建物のデータと、公的に入手した二酸化炭素排出量にかかる情報を融合させ、対象都市の大気汚染状況の数値化を実現したものだ。

具体的には、建物からの排出量、交通機関の排出量、および太陽光の推定発電量などといった5つのカテゴリーのデータを提供する。

このツールにより、各都市が取り組む自転車利用の促進やソーラーパネルの導入などといった排出量削減事業の成果も可視化することができるという。

同社は「排出推定量のデータ提供は、気候変動問題を解決するための一つのピースに過ぎない」としながらも、同ツールが「各都市やその住民のみなさんが次のステップを考えるために役立つことを期待している」としている。

排出量正味ゼロを目指す京都市

出典:Google Japan Blog

出典:Google Japan Blog

京都市は京都議定書誕生の地でもあり、日本で初めて2050年までに二酸化炭素排出量正味ゼロを目指した都市でもある。

今回の導入に対し、同市は「このツールによって、これまで多くの時間や費用をかけて算定・分析していたデータがすぐ活用でき、施策を検討する上で有用」と期待を高めている。

海外メディアは、ヨーロッパでもこのツールを利用する都市が増える予定だと報じており、今後、世界中で利用が広がりそうだ。

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング