シェア

米の大手企業が障がい児向けハロウィーン衣装を発売

提供:Target.com

提供:Target.com

アメリカのディスカウントスーパー「Target」が、10月31日のハロウィーンに先駆けて、障がいを持つ子どもたち向けの仮装衣装を発売したことが話題を呼んでいる。

より身近な製品へ

海外メディアによれば、これまでにも車椅子の子どもなど障がいを持った子どもたち向けの仮装衣装があったが、彼らの親や非営利団体が手掛けていることが多かったという。

今回、大手スーパー「Target」が展開したということで、より入手しやすく身近なものになったようだ。

車椅子で脱ぎ着しやすい構造

今回のラインアップでは、車椅子の子どもが楽しめるものとして、プリンセスと海賊の衣装が登場。

車椅子利用者でも脱ぎ着がしやすい構造になっている。車椅子を馬車や海賊船に変身することも可能という。

提供:Target.com

提供:Target.com

提供:Target.com

提供:Target.com

特別な感覚や感度を持つ、繊細な子ども向けにはユニコーンやサメの衣装。

縫い目が気にならないように工夫を施しており、タグも付けていない。気になったらパーツの取り外しが簡単にできるようにカスタマイズができる構造にしている。

提供:Target.com

提供:Target.com

提供:Target.com

提供:Target.com

同社はこういった製品を通じて、全ての子どもたちに楽しくハロウィーンホリデーを過ごしてほしいとしている。

Posted: |Updated:

Text by Ericolatte

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング