シェア

一家に一台?「食用虫飼育キット」で昆虫食が身近に

LIVIN farms

LIVIN farms

2030年には5億人が食糧不足に陥ると予想される世界の食糧難。

現実的なオルタナティブとして、近年注目を浴びているのが、アジア、アフリカ、南米などで20億人の食生活を支えている「昆虫食」だ。

「昆虫食」の普及の動き

国連食糧農業機関は、環境に優しく低コスト、栄養価の高い「昆虫食」の普及を奨励。

シリコンバレーのスタートアップ企業も続々と市場に参入、事業を拡大する動きが活発になっている。

日本でも、「昆虫食フェア」や「虫食いフェスティバル」などのグルメイベントや、パスタや唐揚げに昆虫を用いたメニューのあるレストランが増えている。

LIVIN farms

LIVIN farms

家庭用食用虫飼育キット「Hive」

この昆虫食を、家庭に普及させようとの野心的なシステムが開発された。

オーストリア出身の女性が立ち上げたベンチャー企業 LIVIN farms の食用虫飼育キット「Hive」だ。

LIVIN farms

LIVIN farms

昨年の11月にスタートしたクラウドファンディングKickstarterの目標資金10万ドルを達成、最終的には145000ドルが集まった。

一般家庭のキッチンで、ゴミムシダマシ科の昆虫の幼虫ミルワームを飼育し、収穫し、食べるために必要なすべてが揃ったシステムは、この秋から製造・販売される。

無限に生産プロセスを繰り返す構造

「Hive」 は、幼虫の成長段階ごとに階層が設けられた、コンパクトな引き出しのような構造。

LIVIN farms

LIVIN farms

最上部にサナギを入れ、羽化した成虫が交尾をして卵を産み付ける。

卵は下の階層に落ちて孵化し、幼虫に。ときどき引き出しを開けて野菜の皮などのエサを入れ、幼虫を飼育し、最下層の引き出しから3センチほどに育ったミルワームを収穫できる。

LIVIN farms

LIVIN farms

センサーやヒーター、換気扇が虫の成長に最適なコンディションを保つと同時に、密閉性や防臭対策も施されている。

収穫量は、週に約200〜500グラム。幼虫の一部はサナギとして残るように設計されているため、それをまた最上部に入れ、無限に生産プロセスを繰り返す。

収穫したミルワームは、いったん冷凍した後、揚げたり炒めたり茹でたり、様々な調理が可能だ。

LIVIN farms

LIVIN farms

オンライン・プラットフォームでは、おつまみやサラダ、スープ、ハンバーガーなどのレシピも閲覧することができる。

市場価格は649ドル、すでに予約販売が開始され、11月から日本も含め世界各国に出荷の予定だ。

自分が食べる内容を正確に把握

LIVIN farms

LIVIN farms

LIVIN farmsは、「肉500グラムとほぼ同じ量のタンパク質を、野菜くずで無限に生産するミルワームから摂取すれば、どんな飼料を与えられているかわからない家畜生産物から自立し、常に自分が食べる内容を正確に把握できる」と呼びかける。

昆虫食の家庭への普及の原動力となるか注目だ。

Posted: |Updated:

Text by Glycine

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング