シェア

1キロ走るごとに1ドルを寄付!アディダスが海洋プラスチック汚染に立ち向かう

出典:アディダスジャパン株式会社プレスリリース

出典:アディダスジャパン株式会社プレスリリース

6月8日の世界海洋デーをきっかけに海洋プラスチック汚染の脅威に対する認知度を高めようと、アディダスがグローバルムーブメント「RUN FOR THE OCEANS」を6月8日~16日に実施します。

日本では6月15日に「RUN FOR THE OCEANS IN TOKYO」が開催されます。

1km走るごとに1ドルを寄付できる

RUN FOR THE OCEANS」は、2017年に始まった海洋プラスチック汚染に対するムーブメントで、期間中にランニングアプリ「Runtastic」から参加すると、1キロ走るごとに1ドルを寄付できるというもの。

出典:アディダスジャパン株式会社プレスリリース

出典:アディダスジャパン株式会社プレスリリース

2018年にはニューヨーク、バルセロナ、上海など世界15都市で、約100万人のランナーたちが1240万キロ走り、約100万ドルの寄付が集まりました。

同社と共同で海洋プラスチック廃棄物の問題に取り組む、海洋環境保護団体「Parley for the Oceans」に寄付され、被害を受けている地域のサポートに利用されます。

海洋プラスチック廃棄物から生まれたシューズ

同社は5月30日に、プラスチック廃棄物を再利用したシューズ「Alphabounce+ Parley」を発売しましたが、2018年には同種のシューズを500万足生産し、長年この問題に取り組んでいます。

出典:アディダスジャパン株式会社プレスリリース

出典:アディダスジャパン株式会社プレスリリース

2019年の「RUN FOR THE OCEANS」では昨年の1.5倍である150万ドルの寄付を目指し、集まった資金で1100万足生産予定です。

また、100%リサイクル可能なランニングシューズも開発しており、2021年の一般発売を目指しています。

6月8日は世界海洋デー。できることから始めてみませんか。

出典:アディダスジャパン株式会社プレスリリース

出典:アディダスジャパン株式会社プレスリリース

 

【RUN FOR THE OCEANS IN TOKYO】
日時:2019年6月15日(土)10時~18時(9時30分開場予定)
場所:葛西臨海公園・葛西海浜公園(東京都江戸川区)
会場:潮風の広場
プログラム:ランニング、ビーチヨガ、トレーニング、ピラティス、トークショーなど
参加費用:500円
参加方法:こちらよりエントリー

Posted: |Updated:

Text by Yuka Haga

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング