シェア

国の税金の使い道を無料でチェックできるサイトが公開!目的、内容、成果などで検索可能

出典:一般社団法人構想日本プレスリリース

出典:一般社団法人構想日本プレスリリース

政策シンクタンクの構想日本(東京都千代田区)は7月11日、日本大学の尾上洋介研究室、Visualizing.JP、ワセダクロニクルと共同で、国の事業や税金の使用用途などを調査できるサイト「JUDGIT!」を公開しました。

国は予算を何に使っている?

JUDGIT!」は内閣官房が公表している「行政事業レビューシート」を元に、国の各省庁が行う約5000事業の「目的」「内容」「成果」「予算の支払い先」などを検索することができるサイトです。

出典:一般社団法人構想日本プレスリリース

出典:一般社団法人構想日本プレスリリース

検索した事業の「行政事業レビューシート」をダウンロードできるので、資金の流れなどがより詳細に理解できます。

国の「予算」をデータベース化し検索機能をつけることで、予算や事業を把握しやすくしており、国民が政治・行政を“自分ごと”として捉えることを目指しています。

多様な角度から検索できる

このサイトは「キーワード」「主要支出先」「話題のトピックス」など、さまざまな方法で検索ができます。

「キーワード検索」は、キーワードに合う事業名・事業の目的・事業概要などが表示され、「主要支出先検索」は、企業や団体を入力すると受託した国の事業を確認できます。

例えば、「まちづくり関連事業」について検索すると、下記のように表示されます。

■目的や概要

出典:一般社団法人構想日本プレスリリース

出典:一般社団法人構想日本プレスリリース

 

■年度ごとの予算

出典:一般社団法人構想日本プレスリリース

出典:一般社団法人構想日本プレスリリース

 

■成果目標及び成果実績

出典:一般社団法人構想日本プレスリリース

出典:一般社団法人構想日本プレスリリース

 

■主要な支出先

出典:一般社団法人構想日本プレスリリース

出典:一般社団法人構想日本プレスリリース

 

公募している事業や競争相手を確認したり、特定の分野の補助金をリサーチすることも可能なので、国の事業に関連するビジネスや研究、公益活動などへの貢献が期待されています。

Posted: |Updated:

Text by Yuka Haga

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング