シェア

食器に移し替えなくても食べやすい新型レトルトパウチが登場。凸版印刷が開発、プラ使用量も50%削減

出典:凸版印刷株式会社プレスリリース

出典:凸版印刷株式会社プレスリリース

凸版印刷(東京都千代田区)はこのほど、調理後に食器へ移し替えずそのまま食べられる新型レトルトパウチ「いただきパウチ」を開発しました。

8月から食品分野にサンプル出荷をスタートしており、2021年度までに5億円の売上げを目指します。

出典:凸版印刷株式会社プレスリリース

出典:凸版印刷株式会社プレスリリース

忙しいビジネスパーソンの味方

「いただきパウチ」は、電子レンジで調理後に食器などに移し替える手間を省けるレトルトパウチです。

同社によるとコンビニやスーパーのイートインスペースの拡大から「即食ニーズ」が拡大しており、単身・高齢世帯、忙しいビジネスパーソンの味方として誕生しました。

「即食容器」としてはトレイとパウチが一般的ですが、トレイは廃棄時にかさばること、パウチは食器への移し替えが手間になるという課題があったそうです。

同商品は電子レンジで加熱する際に、膨張したままの形を維持できるため、パウチの開口を広げた状態で食べることができます。内圧上昇時には自動通蒸機能もあります。

出典:凸版印刷株式会社プレスリリース

出典:凸版印刷株式会社プレスリリース

プラスチックトレイ使用時と比較して、プラスチック使用量を約50%削減。環境に配慮した商品としても注目されています。

Posted: |Updated:

Text by Yuka Haga

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング