シェア

東京・麻布の4年間限定「泊まれるギャラリー」がグッドデザイン賞を受賞

出典:BXG株式会社プレスリリース

出典:BXG株式会社プレスリリース

デザインで日台交流の促進を図るBXG(東京都港区)の複合施設「泊まれるギャラリーNIBUNNO」が、日本デザイン振興会が主催する「2019年度グッドデザイン賞」を受賞した。

倉庫を一新し、ギャラリー・ホテルへ

東京・麻布の倉庫ビルを改修した「泊まれるギャラリーNIBUNNO」は、台湾人による4年間限定のプロジェクト。

ギャラリーと宿泊施設の2つの機能をシンプルに実現することを目指し、宿泊機能を最小限に留めることで「ギャラリーに泊まる」という体験を強調する。

出典:BXG株式会社プレスリリース

出典:BXG株式会社プレスリリース

2020年夏の東京オリンピック・パラリンピックの直後に解体が決まっており、壊れゆくプロセスをデザインに取り込み、解体の方法を変えることで新しい空間を創造した点が特徴だ。

5階から地下1階までの施設内には、ギャラリーや宿泊施設、オフィスなどが入っており、台湾の魅力や日台のアート・デザイン文化交流のため、イベントやワークショップを開催する。

2019年度グッドデザイン賞の審査委員からは「本来宿泊できない場所に泊まることは、大人も子どもも楽しそうな経験」という評価を受け、受賞に至った。

Posted: |Updated:

Text by Yuka Haga

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング