シェア

焼き上がりを待つこと30分!「ぐりとぐら」の極厚パンケーキを食べてきた

IMG_3482

今から約60年前、首都圏初の大規模団地として注目を集めた西東京市にある、ひばりが丘団地。

1993年、老朽化に伴い団地の建て替えを行い、2012年に新しく生まれ変わりました。

「子供から御年配の方まで、安心していきいきと愛着を持って住み続けられる街」「地域の方々との触れ合いを大事に、先進都市ひばりが丘を紡いでいく」をコンセプトに、今若い世代を中心に注目を集めています。

そんな注目高いひばりが丘団地の一角に、建て替えの際に取り壊さずに、棟をリノベーションした施設「ひばりテラス118」があります。

「ひばりテラス118」とは居住エリアにかかわらず、地域の方々が気軽に使うことができるコミュニティセンター。

大小6つのコミュニティスペースがあり、仕事や趣味に時間を使えるパーソナルスペースや飲食ができるカフェ、共同菜園や芝生広場、カーシェアを備えています。

筆者が1番注目するのは、地域の方々との距離をより近くで感じられる「COMMA,COFFEE(コンマコーヒー)」。

童話「ぐりとぐら」で有名な、ふっくらパンケーキが食べられるお店として、遠方からわざわざ足を運ぶ人がいる程!

今回は、童話の中に出てくる、ぐりとぐらのパンケーキを食べに潜入してきました。

「COMMA,COFFEE」は、西武池袋線・ひばりが丘駅からバスで約10分の場所にあります。

「南沢」下車後、徒歩約5分です。

西武新宿線・田無駅からもバスが出ているので、訪れる際は、お近くの駅を御利用下さい。

IMG_3502

こちらが棟をリノベーションした「ひばりテラス118」。

古き良き建物の雰囲気が出ています。

IMG_3473

外観はシンプルに黒で統一し、オシャレな雰囲気です。

IMG_3501

店舗前のスペースにはテラス席もあり、利用することができます。

こちらのテラス席は、開店するにあたって、地域の方々がボランティアで作ってくれたそうです。

オシャレで優しい雰囲気の店内!

店内は優しい木のぬくもりが感じられ、落ち着いた空間となっています。

IMG_3474

カウンター席も用意されているので、お店の方との会話を楽しみながらゆっくりと過ごせます。

IMG_3476

統一感あるイスやテーブルが、お店の空間にマッチしていますね。

IMG_3490

ソファ席もあるので、ゆっくりとした時間を過ごせそうです。

IMG_3475

「COMMA,COFFEE」の最大の魅力は、2階部分から日差しがたっぷりと入ること。

リノベーションの際、団地の2階部分を残し、天井が高く、開放感ある店内に改築してあります。

思わず見上げてしまう高さですが、この空間が最大の魅力だと思います。

食事からデザートまで揃うオリジナルメニュー!

「COMMA,COFFEE」ではこだわりのコーヒーの他、オリジナリティー溢れるメニューが揃っています。

IMG_3489

ドリンクセットも用意されているので、ブレンドコーヒー・紅茶・ジュースは150円で注文できるのでオススメです。

IMG_3494

こちらもセットドリンクで頂けるマロンタルト!値段はやや高めですが、素材の良さを感じることができるマロンタルトです。

IMG_3488

全て手作りにこだわったオリジナリティー溢れるデザートは、季節のタルトが人気!伺った日は、旬のイチゴを使用したイチゴのタルトがありました。

その時期の旬のフルーツを使ったタルトを販売しているそうです。

IMG_3486

生地にこだわったクッキーシューも人気メニューの1つ!甘い香りが漂ってきそうです。

IMG_3487

パイやスコーンもメニューに売られています。

小ぶりですが、美味しさがギュッと詰まっていますね。

IMG_3492

野菜がたっぷりと入ったキッシュもあります。

野菜とチーズの旨味を最大限に生かしたキッシュは人気メニューの1つ!

IMG_3493

自家製のパンも販売しています。

素材と製法にこだわったパンは、他のお店とは一味違い、ふっくらとし香りが良いのも特徴!

IMG_3491

お店のオススメは、スキレットで作る、童話「ぐりとぐら」に出てくるふっくらパンケーキ!スキレットとは、厚めの鋳鉄製のフライパンのことで、ずっしりと重みがあるのが特徴。

厚みがあるので、調理中の食材に熱がゆっくりと均一に伝わり、食材の旨味をしっかり引き出してくれるという魔法のフライパンだそうです!

ゆっくりと焼き上げていく為、提供に約20~30分かかるんだとか。

作る工程を間近で体験!

今回は特別に「ぐりとぐらのカステラパンケーキ」が出来上がるまでの工程を拝見させて頂きました。

IMG_3499

卵黄ベースの生地にメレンゲを入れます。

IMG_3498

よくかき混ぜていきます。

かき混ぜる際、優しく丁寧にかき混ぜていくのがポイント!

IMG_3497

混ぜ合わせた生地は、専用のスキレットに入れていきます。

IMG_3496

スキレットに生地を流し、生地を押し込むのではなく、ふっくらと入れていきます。

専用のオーブンで20分~30分ゆっくりと焼き上げていきます。

焼き上がりまでの時間、「何故、童話に出てくるカステラパンケーキにしたのですか?」と聞いた所、「幅広い世代で知られている童話の1つであり、ぐりとぐらには夢があるんです!小さいお子様が大人になった時、実際にこのケーキを食べたと今度は自分の子供に伝えてほしいんです!」とおっしゃっていました。

これぞ童話のぐりとぐらのパンケーキ!

▼ぐりとぐらのカステラパンケーキ ※850円 ドリンクセット1000円

IMG_3485

ふっくらした生地がなんとも可愛らしい、絵本から飛び出してきたかのようなパンケーキ!

表面には大きめのバターを乗せると、インパクトがありますね!

IMG_3484

側面から見ても生地のふっくらさが良く分かりますね。

スキレットは熱々なので、下に布を敷いています。

IMG_3481

熱々のパンケーキの表面には切り目を入れ、溶けだしたバターが流れて行くように工夫しています。

IMG_3480

真上から盛ると、溶けていくバターが切り目に沿って流れていくのが分かります。

生地にも浸透し、とても美味しそうですね!

IMG_3479

ナイフで切り目を入れると、溶けだしたバターが流れて生地にしみ込み、より一層美味しくなります!カステラパンケーキはシンプルですが、シンプルだからこそ味わえる本当の美味しさを堪能できます!

IMG_3478

バターが浸透した生地は、柔らかくコクがあり、多くの人が美味しく食べられるパンケーキだと思います。

ふっくらした生地は、スプーンでも食べられるので、出来立てのアツアツの時にバターと馴染ませて食べてみて下さい!甘さを抑えた、昔懐かしい味を感じられると思いますよ。

親子で来店される方の中には、子供に「ぐりとぐら」の本を読みながらカステラパンケーキを食べさせている方もいるそうです。

IMG_3477

スタッフの妹尾氏(右)は、お客様のことを第一に考え、笑顔溢れるお店作りを心掛けているそうです。

妹尾氏に「1番大事なことは何ですか?」と聞いた所「スタッフとの距離感を大事にしています。笑顔で楽しく会話することで、お店に来てくださるお客様も自然と笑顔になりますからね。お店はオープンキッチンなので、作る作業や匂いもお客様にダイレクトに伝わりますが、対話も調味料の1つです」とおっしゃっていました。

「今後やっていきたいことは?」と聞いた所「2号店を出したい!」とのことでした。

時間を気にせずに、ゆっくりと過ごしてほしい!ということから、お店には時計を置かないというポリシーもとても魅力的です。

人気のぐりとぐらのパンケーキを食べに混雑時でも1時間、2時間待つ方もいるそうです。

今後も期待を寄せるお店として注目していきたいと思います。

「COMMA,COFFEE」は最寄り駅から離れている為、訪れる際はバスの利用をオススメします。

こちらの時刻表を参考にして下さい。

IMG_3504

ひばりが丘駅南口、3番乗り場より田無駅行きのバスに乗り、下車は「南沢」。

IMG_3503

「COMMA,COFFEE」の帰り、ひばりが丘駅までは、「南沢」下車した場所の反対側に、バス乗り場「ひばりが丘団地北口」があるので、こちらの時刻表になります(時刻表は定期的に改定が行われます。ご注意ください)

IMG_3500

駅から離れていますが、パンケーキ好きな方には是非食べて頂きたいと思います。

絵本から飛び出してきたかのような、夢のある「ぐりとぐらのパンケーキ」を食べに、ひばりが丘にある「COMMA,COFFEE」に伺ってみてはいかがでしょうか?

素敵なパンケーキライフに!

「COMMA,COFFEE」
住所:東京都西東京市ひばりが丘3-4-47 「ひばりテラス118内」
営業時間:9:00~19:00(月・水・木・日) 9:00~20:00(金・土)
電話番号:042-465-1665
定休日:火曜日
公式サイト:COMMA,COFFEE  Facebook Twitter instagram
IMG_3483

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking