シェア

調味料の計量が簡単! 長さで分量のわかる調味料テープ

Spark Awards/Tae-jin Kim

Spark Awards/Tae-jin Kim

つい目分量で使ってしまう調味料。塩分など取り過ぎないよう、計量が必要だがスプーンを使うのが面倒だ。韓国・東西大学校Tae-jin Kim氏のデザインコンセプト“Seasoning Tape”は、長さで分量のわかる調味料テープである。これはなかなか便利そう。

コンセプトは「目の不自由な人が料理に用いる調味料の計量を正確に行うための、調味料および容器形態の提案」である。テープ状の調味料をセルロースでコーティング、1グラム単位に切り取り線と点字が施され、必要量を切って料理に入れるだけ。またケース表面の3次元パターンにより複数の調味料を識別できる。

Spark Awards 2013を受賞した本コンセプト。調味料の計量を容易にし、多くの人に利便性をもたらしてくれそうだ。以前の記事にて紹介した“調味料を板状に成形する装置”のように、野外での調理にも簡単に調味料を持ち出せるアイデアである。

Spark Awards/Tae-jin Kim

▼ケース表面の3次元パターンは、デザインとしても楽しめそう

Spark Awards/Tae-jin Kim

▼冷蔵庫など、使いやすい場所にペタッ!

Spark Awards/Tae-jin Kim

Posted: |Updated:

Text by 林 裕幸

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング