シェア

過度の塩分摂取が原因で年間250万人が死に至っていると判明!ハーバード大研究

flickr_disneymike

flickr_disneymike

塩分摂取が健康面に良くないことはirorioでも再三お伝えしてきたが、その影響は糖分をたくさん含んだジュース以上であるということが、最近の研究によって明らかになった。

ハーバード大学の研究によれば、年間250万人が過度の塩分摂取が原因で死亡しているという。糖分を含むジュースの飲み過ぎが原因で死に至った人は年間18万人であることから、塩分の健康被害状況はそれを遥かに超えていると言える。同大学の研究者曰く、塩分摂取による体への負担は、甘いジュースを飲むよりもずっと高いという。なぜなら、ジュースは1つの飲み物として個別的に避けることができるが、塩は何にでも入っているから避けられないためだとか。

塩分摂取の影響については、2010Global Burden Of Diseases Study(世界疾病負荷調査報告書)においても分析調査が実施された。その結果全体死亡数の42%が心発作、41%が脳卒中といういずれも過度の塩分摂取が主要因とされる死因であると報告された。塩分過多による健康被害は、もはや世界規模での問題だそう。

命拾いするためには、日ごろの食生活を今一度見直し、なるべく塩分を控えるよう気を付けるしかないのだろう。

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング