シェア

“平成最後”の新入社員「お互いの個性の尊重を重視」する傾向に

イメージ写真/Fotolia

イメージ写真/Fotolia

企業の人材育成を支援する株式会社リクルートマネジメントソリューションズは、2018年“平成最後”の新入社員調査を実施。

「社会人として働く上で大切にしたいこと」「職場や上司に期待すること」「身につけたい力 」などについての結果を公表しました。

個性が尊重され、周囲と助けあう職場が理想

今年の新入社員はスキルや知識への関心が強く、個性が尊重される職場を求め、環境・条件などが自分に合っているかを気にする傾向があるそうです。

Q. あなたが社会人として働いていく上で大切にしたいことは何ですか
・社会人としてのルール・マナーを身につけること(43.8%)
・仕事に必要なスキルや知識を身につけること(42.3%)
・周囲(職場・顧客)との良好な関係を築くこと(38.9%)

heiseisaigo06-01-2

Q. あなたはどのような特徴を持つ職場で働きたいですか?
・お互いに助けあう(57.2%)
・アットホーム(44.1%)
・お互いに個性を尊重する(41.8%)

heiseisaigo06-02-2

「個性にあった指導」を求める意見が例年に比べ増加

一方、上司や先輩に求められることは、傾聴・承認、仕事やスキルの意味づけなどが4割以上の意見として挙げられています。

Q. あなたが上司に期待することは何ですか?
・相手の意見や考え方に耳を傾けること(47.4%)
・一人ひとりに対して丁寧に指導すること(41.7%)

heiseisaigo06-03-2

Q. あなたがこれから身につけたい・伸ばしたいと思っている力は何ですか?
・コミュニケーション力(60.2%)
・専門知識(32.6%)

Q. あなたが仕事・職場生活をする上で不安に思っていることは何ですか?
・仕事についていけるか(57.5%)
・先輩・同僚とうまくやっていけるか(37.3%)

【今年の調査結果から見慣れる傾向】
・「マナー」よりも「スキルや知識」への関心
・アットホームで互いの個性を尊重しながら助け合う職場を求めている
・個人の考えや良い面を受け止める受信力があり、個別指導型の上司が理想
・収入や仕事内容、会社の風土など、入社後の環境・条件が自分にフィットするかどうか

“平成最後”の新入社員には、一人ひとりに応じた関わりがポイントとなりそうです。

※調査概要
調査対象:全国各地で開催した新入社員導入研修の当該期間での受講者
有効回答者数:1,278名(男性56.4%、女性42.1%、未回答1.5%)
実施期間:2018年3月~4月

関連タグ:

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング