シェア

「効果が実感できない」環境・エコへの関心が10年で25%低下との調査結果

イメージ/Fotolia

イメージ/Fotolia

「生活者の環境・エコへの意識と行動」について、環境・エコへの関心が、東日本大震災直後に一時的に上昇したものの、その後は低下傾向にあることが企業の調査で分かりました。

社会の動きに応じた生活者の意識

調査は、花王の生活者研究センターが2008年から継続的に実施。

生活者の意識と行動は、社会動向に応じて変化が見られることがわかりました。

kankyo-eco-06-1-2

出典元:花王株式会社「生活者研究センター」

【社会動向と意識の変化】
2008年:家計の節約が結果として環境に良い暮らしに(節約エコ)
2011年:震災後の「節電・節水」意識が社会に広がった(震災エコ)
2013年:好景気を背景に環境・エコを自分らしく楽しむ姿勢があらわれた(自分らしいエコ)
2016年:節電や詰め替え商品など環境・エコ行動はマナーや習慣として定着(習慣エコ)

環境・エコ意識はこの10年で25%低下

環境・エコへの関心は、北海道洞爺湖サミットがおこなわれた2008年の値をピークに低下。

2011年の東日本大震災直後に一度高まりますが、再び低下傾向が続き、この10年で25%低下しています。

kankyo-eco-06-3-2

出典元:花王株式会社「生活者研究センター」

普段の生活者の行動に着目すると、節電、ごみの分別、詰め替え商品の利用などは7割以上の高い実施率を維持しているものの、それぞれの行動は低下傾向にあります。

kankyo-eco-06-4

出典元:花王株式会社「生活者研究センター」

自分の行動がエコに効果があるの?

「自分ひとりの日々の行動が、果たして環境改善に結びついているのか?」という疑問を感じながら行動している生活者も多く、「行動の効果が知りたい」「何をすればいいかわからない」といった声が多く寄せられたそうです。

kankyo-eco-06-2-2

出典元:花王株式会社「生活者研究センター」

【実際の意見例】
「自分の行動がどう改善に結びつくのかわかない、情報量が少ない」
「具体的な数値が見えないと、努力しようという気持ちがわかない」

この調査では「環境をよくするために何をしたらよいのか分からない」と感じる人の割合が徐々に増加し、効果を実感できないことが環境・エコへの関心を低下させるひとつの要因になっているとの実態が見えました。

「どんな行動が環境・エコにつながるのか」を情報として発信していくことが、今後の一人ひとりの行動につながってくるのかもしれません。

【調査概要】
調査方法:インターネット、郵送調査、家庭訪問インタビュー
調査対象:20~60代男女

関連タグ:

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング