シェア

ムーミン谷の世界を体感できる施設「ムーミンバレーパーク」が埼玉・飯能に来春オープンへ

「ムーミンバレーパーク」/フィンテック グローバル株式会社プレスリリース

「ムーミンバレーパーク」/フィンテック グローバル株式会社プレスリリース

株式会社ムーミン物語とフィンテックグローバル株式会社は8月9日、埼玉県飯能(はんのう)市で建設中の「ムーミンバレーパーク」を、2019年3月16日に開業すると発表しました。

施設内の展示施設「KOKEMUS (コケムス) 」「おさびし山」「ムーミン谷」の最新情報も同時に公開しています。

11月にオープンするmetsa(メッツァ)

メッツァは11月9日にオープンする、埼玉県飯能市の宮沢湖周辺の複合施設。

北欧のライフスタイルを体験できる施設「メッツァビレッジ」と、ムーミンの物語を主題とした施設「ムーミンバレーパーク」の2つの施設から構成されます。

「メッツァビレッジ」は2018年11月9日にオープン、「ムーミンバレーパーク」は2019年3月16日にオープンします。

ショップやカフェなど、ムーミンだらけ!

「ムーミンバレーパーク」は、ムーミン屋敷や複数のアトラクション、原作者トーベ・ヤンソンの想いを感じることができる展示施設など、文学性、アート性にあふれた空間といいます。

世界最大級の品揃えとなるギフトショップではオリジナルグッズを販売、レストランでは地元の食材を使ったオリジナルメニューを楽しむことができます。

◆展示施設「KOKEMUS (コケムス)」

moominvalley0810-1

ムーミンバレーパーク/フィンテック グローバル株式会社プレスリリース

地上3階建の展示施設「コケムス」は、フィンランド語で「体験」を意味します。

原作者であるトーベ・ヤンソンの人生とムーミン作品を織り交ぜ、追体験をしながらムーミンの物語をさらに知ることができる施設です。

体感展示、常設展・企画展のほか、セレクトショップやカフェで余韻を楽しんだり、ワークショップルームで物語にちなんだものづくり体験、そしてムーミンたちの夜の不思議な森のパーティーをイメージしたメインレストラン。

さらに、8メートル超のムーミン谷の巨大ジオラマや、フィンランドのアート作品などの展示にも注目です。

moominvalley0810-2

ムーミンバレーパーク/フィンテック グローバル株式会社プレスリリース

◆冒険と思索の山「おさびし山エリア」

「おさびし山エリア」には小説にも登場する“しずかなのが好きなヘムレンさん”のストーリーをモチーフにしたアスレチックが誕生。

ツリーハウスやつり橋、メリーゴーランド遊具なども用意されていて、子どもから大人まで楽しむことができます。

moominvalley0810-3

「ムーミンバレーパーク」/フィンテック グローバル株式会社プレスリリース

おさびし山の頂上からスタートするジップラインのアトラクションでは、森の中に張ったワイヤーを滑車で滑り降りていき、往復約400mの宮沢湖面を滑空します。

moominvalley0810-4

◆ムーミン谷エリア

「ムーミン谷エリア」ではプロのカメラマンによる撮影サービスがあり、キャラクターたちととっておきの写真を記念に残すことができます。

moominvalley0810-5-3

「ムーミンバレーパーク」/フィンテック グローバル株式会社プレスリリース

埼玉県飯能市は、東京都心から約50キロの県南西部に位置する豊かな自然と清流に恵まれた街です。

都心からほど良く離れたメッツァで、トーベ・ヤンソンの世界観を体感してみてはいかがでしょうか。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング