シェア

ゆる~いスポーツ感覚で防災訓練!新感覚の“楽しめる防災訓練”とは

一般社団法人防災ガール:プレスリリース

一般社団法人防災ガール:プレスリリース

一般社団法人 防災ガールと一般社団法人 世界ゆるスポーツ協会は、9月1日の防災の日に防災ゆるスポーツ「エモ鬼/EMO-ONI」を発表します。

IRORIOでは、以前にも防災ガールを取材しています。

【関連記事】「避難所での軽率なコミュニケーションはNG」防災ガールの田中美咲さんから学ぶ“女性の防災マニュアル”

なぜ「エモ鬼」が生まれたのか

防災ガールでは、災害が多発する日本において「これからの時代を担う若者が防災対策をしていない」という課題に対して、彼らが防災を実施したくなるきっかけを作ってきました。

災害は、誰もが当事者になり得ること。誰もが継続的に学びたくなるものにする必要性を感じた同団体は、「年齢・性別・運動神経に関わらず、だれもが楽しめる新スポーツ」である“ゆるスポーツ”を開発してきた世界ゆるスポーツ協会と手を結び、このプログラムを開発しました。

避難を想定した設定で行うスポーツ

エモ鬼は、自然災害のように表情がくるくる変わるお面「エモさんフェイス」をかぶった情緒不安定な鬼役から、安全な場所まで逃げることができるかを楽しむスポーツです。

emooni0823-1

一般社団法人防災ガール:プレスリリース

時には自分だけではなく、仲間を助けて逃げることでポイントを稼いだり、助け合うことでエモさんから逃れたりと、知恵を使いながら楽しめるのもひとつのポイントになっているといいます。

<ルール説明>
・基本ルールは「鬼ごっこ」。
・プレイヤーはエモさんチームと、避難者チームに分かれます。
・避難者チーム中には目隠しをされたり、足を縛られたりする災害弱者の意味合いをもつ人がいます。

ゲームを通じて、今一度、防災について考える機会を持ちたいですね。

【体験イベントの概要】
日時:9月1日(土) 12:30~14:30
場所:RAMOS FIELD INDOOR FUTSAL(東京都江東区東雲2丁目11-2)
参加:無料
参加者数:最大30人
※詳細はイベントページをご確認ください。

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング