シェア

赤ちゃんを背負って生放送!気象予報士のママの映像に称賛の声

Facebook@Praedictix

Facebook@Praedictix

アメリカの気象予報サービスを提供するPraedictix社が配信する番組内で、予報士のSusie Martinさんが我が子を背負って放送に登場し称賛を得ている。

世界ベビーキャリー週間に合わせて

放送日の10月6日はInternational Babywearing Week(以下IBW/世界ベビーキャリー週間の意)の最中で、Susieさんはまもなく1歳になる息子を愛用のベビーキャリーの布でしっかり背負って生放送へ。

母親である自らがIBWのキャンペーンを行った。

今週はIBWということで、私も小さなアシスタントを連れて予報させてもらいます。

Susieさんの背中で大あくびをして気持ちよさそうに眠りにつく愛息子の紹介で、そう一言添えると、今季の降雪についての予報解説をスタート。

大きな天気図画面を背景に軽快なトークで気象状況を知らせていく姿は、いつもどおり。そしてすっかり安心して眠り続ける小さなアシスタントに、視聴者はみな笑顔がこぼれたという声が放送後多く寄せられたそうだ。

Praedictix社のFacebook公式ページでこの番組アーカイブを動画で紹介したところ、その微笑ましい光景に癒され、中には「この世は強い女性によって回っている!」といった男性側からの称賛も加わり、170万を超える視聴と1万5000件以上のシェアでたちまちネット上で広まった。

とにかく我が子を抱っこしたい!

息子を授かって一変した自身の生活で、ベビーキャリアーが欠かせない存在とSusieさんは言う。

とにかくこの子を抱っこしているのが大好きなの!

家事など手が放せないことをしている間にこんな便利なものはない上に

乳幼児期にずっと密着したままでいられることが、子供だけではなく私にもとても重要なの。

IBWのキャンペーンでそれをたくさんの育児中の保護者に伝わったことを心からうれしく思うわ。

Praedictix社のように、働く母に寛大な待遇で子育てを奨励してくれる社会がもっと広まれば、Susieさんと同じ姿で生き生きと働く母があちこちで見られるようになるだろう。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by inomeiko

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング