シェア

飼い主の墓の上で苦しそうに泣くハスキー犬の姿がせつない

YouTube/DOAP MUSICPOET

YouTube/DOAP MUSICPOET

犬好きな人間からすると、気まぐれな猫とは違い、犬はいつでも飼い主のことを一番に考えてくれているような気がする。そんな飼い主が、突然犬の生活から消えてしまったら、きっと彼らは悲しんでくれるだろう。

しかし、はたして犬は飼い主の死を理解するのだろうか? はっきりと回答の出ないこの疑問に、「理解するに違いない」と感じてしまうような動画がある。それがこちらだ。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=JXXWp0ZNot0[/youtube]

1匹のハスキー犬が飼い主の墓の上に横たわり、声をかけられると苦しげな息遣いをして見せる。ほんの10秒ほどの短い動画だが、多くの人の心をつかんだ。

もともとは「愛する人の死を悲しむ犬。とても美しくてとても悲しい」という説明とともに、Facebookに投稿されたこの動画。現在では8万を超えるコメントが寄せられている。

かつて秋田犬のハチ公が、渋谷駅でじっと飼い主の帰りを待ったのは、飼い主の死を理解しなかったからなのか。それともわかったうえで待ちたかったのだろうか。とにかく、この動画を見て、「ペットを残して先に死ねない」と思った人も多いはずだ。

Posted: |Updated:

Text by JPN Manatee

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング