シェア

深海すげぇ。生きて泳ぐ“海の悪魔”の撮影に成功

YouTube/MBARI

YouTube/MBARI

深海には奇妙な生物がたくさん生息していることは、多くの人が知っているだろう。生態が明らかになっていないものも多く、深海で生きて泳ぐ姿が映像に収められることも非常にまれだ。

先日、そんな貴重な映像が公開され、あまりにも衝撃的な姿に話題を呼んでいる。

撮影されたのはクロアンコウ

今回の映像の主人公は、モントレーキャニオンの深海に住むクロアンコウ。Black Seadevil(黒い海の悪魔)と呼ばれているらしく、そんな別名の由来も姿を見れば思わず納得してしまう。

YouTube/MBARI

YouTube/MBARI

よく見ると、頭のちょうちん部分も光っている。

YouTube/MBARI

実際は9cmほどの大きさで、深海(水深580mの中深海)で生きて泳ぐ姿が撮影されたのはおそらく初めて。

奇妙な深海生物を記録してきたMBARIが撮影

海洋科学技術の研究をしているThe Monterey Bay Aquarium Research Institute (MBARI)。同研究所では、2009年には頭が透明な深海魚”デメニキス”の撮影に成功し、世界中を驚かせた。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=RM9o4VnfHJU&list=TL2BmlBVsII4M[/youtube]

約1週間で900万回以上も再生

今回の映像は、11月21日に公開されてから、8日間で970万回以上も再生。あまりの奇妙な姿に、CGではないかと疑うコメントも投稿されている。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=VqPMP9X-89o[/youtube]

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking