シェア

死亡率90%以上?野生のパンダがある感染症に脅かされている

Flickr/Sofia Sweetman

Flickr/Sofia Sweetman

世界自然保護基金によると、1600頭前後しかいないとされる野生のパンダ。もしかしたらその数を大きく減らすことになるかもしれない。

すでに2頭が犬ジステンパーで死亡。重症化しているパンダも

陝西省にある野生動物の研究施設では、すでに2頭のパンダ(Chengcheng とDabao)が死亡。さらにFeng Feng(5歳)が重症化しており、心臓や腎臓、そして肺に影響が出ているという。

さらにもう1頭も感染が確認されている。

犬ジステンパーの治療法=「なし」

犬ジステンパーへの治療方法や特効薬はない。免疫力が十分であれば回復が見込める感染症だが、パンダの場合、死亡率は80%~90%以上になるだろうと研究者は見込んでいる。

犬ジステンパーとは?

名前を聞くと犬特有の感染症のように思えるが、実はネコやイタチなど多くの動物に感染する。ヒトへも感染するのだが、はしかへの免疫力があれば発症はしない。

ワクチン接種などで予防することや健康な体を作ることが、この感染症への唯一の対策だ。

感染拡大を食い止められるか

同施設では、該当地域にいる21頭の健康なパンダを移動。今までは週に2,3回だったパンダの家の消毒と、週に1回だった場内の消毒を毎日行い、さらなる感染拡大を食い止めようとしている。

Posted: |Updated:

Text by JPN Manatee

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング